逗子・葉山版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

逗子ロータリークラブ 仲間との絆、何よりの財産

社会

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena
会長 桐田吉彦さん(62)
会長 桐田吉彦さん(62)

 全世界に約123万人の会員を持つ社会奉仕団体「国際ロータリー」の第2780地区に位置付けられる逗子ロータリークラブ(RC)。現在50人を擁し、青少年育成に向けた地元高校生の海外派遣や逗子海岸でのビーチバレー大会など、年間を通じて地域に根差した奉仕活動を展開している。半世紀以上続く、逗子では最も歴史ある奉仕団体で「老壮青のバランスが良く、メンバー同士が助け合う風土がある」とクラブの特徴を語る。

 大分県の生まれ。大学時代を神奈川で過ごし、卒業後、会社勤務を経て葉山町木古庭に公共工事等を請け負う「(有)キリタ」を興した。クラブに入会したのは40歳のとき。偶然飲食店で知り合った会員からの勧めがきっかけだった。会社が軌道に乗り、脇目も振らず仕事に没頭していた時分、クラブのことはあまり知らなかったが「入って本当に良かった」と振り返る。

 職業倫理を重んじ、かつて「一業種一会員」が原則だったRC。現在でも飲食業や不動産業、医療関係者など様々な会員がいる。「社員の育て方や仕事との向き合い方。多くのことを学ばせてもらった」。入会したことで仲間の輪が広がり、地域に自分の居場所ができたことも地方出身の身には有難かった。

 会長として掲げるスローガンは「楽しいロータリー」。会員が週に1度の例会を待ち遠しい、早く皆と会いたくなるよう―。それは自らがそうであり、楽しく活動できる風土づくりが組織の活力になるとの考えからだ。

 任期は残り半年と折り返し。姉妹クラブである京都紫野RCとの交流事業や55周年を迎える来年度に向けた準備もある。「周年事業が無事成功するよう、橋渡しができれば」
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

コロナ禍の教訓探る

コロナ禍の教訓探る 教育

逗子楽習塾が連続講座

1月7日号

千年続く農業とは

千年続く農業とは 社会

無農薬農家が登壇

1月7日号

子どもへの伝え方学ぶ

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

共生社会を推進

県内大学生

共生社会を推進 社会

活動報告で情報を共有

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook