逗子・葉山版 掲載号:2016年2月12日号 エリアトップへ

逗子の音楽ユニット「NiM2」 「一人じゃない」東北にエール 歌で復興後押し 来月披露

社会

掲載号:2016年2月12日号

  • LINE
  • hatena
作成したCDをPRするNAOYUKIさん(写真右)とMASAさん。支援金500円以上の寄付で当日無料配布する
作成したCDをPRするNAOYUKIさん(写真右)とMASAさん。支援金500円以上の寄付で当日無料配布する

 東日本大震災から今年5年目を迎えるにあたり、逗子市出身の2人組音楽ユニット「NiM2」(エヌアイエムツー)が被災地へのエールを込めた「『共に生きる』夢」を作詞・作曲した。来月逗子で行われる追悼行事で初披露する予定で、歌を通じて東北に元気を届ける。寄贈品を送る計画もあり、その支援金集めにも役立てるという。

 「明日を信じて前へと進む」「幸せはやってくる」「決して一人じゃないから」――。温かみあるメロディーにのせ、語りかけるように前向きな言葉が並ぶ。

 「NiM2」は久木中学校の同級生だったNAOYUKIさん(22)とMASAさん(同)によるボーカルユニット。結成3年目で現在は市内のイベントなどでライブ活動を行っている。

 2人は昨年10月、逗子の市民ボランティアとともに岩手県陸前高田市へ。仮設住宅で暮らす人々を元気づけようと無料で音楽ライブを披露するなどした。「聴きにきてくれた人たちが手拍子をしたり、カバー曲を一緒に口ずさんでくれたり。辛いはずなのに、笑顔で迎えてくれたのが嬉しかった」とNAOYUKIさん。同市では、津波の跡や瓦解した公共施設の跡など当時の爪痕が今なお残っている場所もあり、「実際目にするのは初めてでショックだった」とも振り返る。

 少しでも復興の力になれないか。その思いを抱えていた折、毎年震災があった日に市内で追悼行事と支援活動を行っている「3・11ALL=逗子Movement協議会」(AZM)の代表を務めないかとの話が舞い込んだ。「自分たちはミュージシャン。ならば音楽で」と行事に合わせて歌の制作に着手。2人が感じた復興への思いを素直にしたためた。

安否確認の木札寄贈を

 歌を通じて特に伝えたかったのは、被災地に暮らす人々に向けた「一人じゃない」というメッセージだ。陸前高田市では防波堤や高台造成など復興計画が進む。ただ現状仮設住宅に暮らす人々が今後転居する際、築かれたコミュニティーが崩れることが懸念されており、孤独感を抱える人々に自分たちが繋がっていることを伝えたかった。「震災から5年が経ち、被災地から遠い場所では記憶の風化が進んでいる。自分たちの歌で被災地と逗子とを繋ぎ留められたら」とMASAさんは話す。

 AZMは、これまで雇用創出のための食堂建設や津波の教訓を後世に伝える石碑を寄贈するなどしてきた。今年は仮設住宅に住む人同士が安否を確認し合うことができる木札の寄贈を予定しており、3月11日(金)にJR逗子駅前などに献花台を設置し、支援金を募る。

 2人は当日、亀岡八幡宮で行われるステージイベントにも出演し、「『共に生きる』夢」ほか5曲を披露する予定。さらにCDを千枚制作し、会場で500円以上の支援金を寄付した人に無料配布するという。2人は「皆さんに今一度被災地に思いをはせていただき、逗子との懸け橋となるような1日になれば」と話した。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

今月末に解除の見通し

小坪隧道通行止め

今月末に解除の見通し 社会

台風15号の爪痕残る

9月20日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

逗子の空気感一冊に

地元在住編集者夫妻

逗子の空気感一冊に 文化

スペインチームにプレゼント

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク