逗子・葉山版 掲載号:2016年2月12日号 エリアトップへ

葉山町出身川村駿吾さん 町村の部 トップ奪還へ かながわ駅伝、14日号砲

スポーツ

掲載号:2016年2月12日号

  • LINE
  • hatena
現在は実業団選手として活躍する川村さん(=6日、藤沢市遠藤)
現在は実業団選手として活躍する川村さん(=6日、藤沢市遠藤)

 あさって14日、秦野市中央運動公園から県立相模湖公園までの7区間51・9Kmで行われる「第70回かながわ駅伝競走大会」(県教委・神奈川陸上競技協会など主催、タウンニュース社ほか協賛)。県内市町を代表するランナーがたすきを繋ぐ同大会に葉山町の代表選手として長年出場し続けている選手がいる。かつて箱根路を駆け、現在は実業団選手として活躍する川村駿吾さん(26)だ。11回目の出場となる今年も絶対的エースとしてチームを牽引する。

 川村さんはプレス工業(藤沢市遠藤)の陸上競技部に所属。今年のニューイヤー駅伝では最終区アンカーを務めた。青山学院大学在学時は部の主将として、総合5位に貢献、今年総合優勝連覇を達成するまでになった過渡期を支えた。

 かながわ駅伝に初めて出場したのは中学1年生のとき。自身にとっては一際思い入れのある大会という。「自分より年上の選手と一緒に走って駅伝の楽しさを実感できた、自分の原点のような大会」と振り返る。

 現在暮らすのは会社のある藤沢だが、帰省地参加枠での出場にこだわる。「地元で出なければ意味がない。葉山の中高生や子どもたちに駅伝の楽しさを背中で伝えたい」との思いからだ。

 今年走るのは3区8・2Km。初めて走る区間だが「区間賞を狙って、しっかり順位を上げたい」と意気込む。チームとして目指すのは6大会ぶりの町村の部トップ奪還。「小さな町でも頑張れるところを見せたい。葉山の多くの人に応援してもらえれば」と呼びかけた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

遭難防止の標識設置

遭難防止の標識設置 社会

トレイルラン愛好者ら

7月10日号

ともに学ぶ仲間を支援

ともに学ぶ仲間を支援 教育

困窮学生へ食料届ける

7月10日号

温水プール再開

温水プール再開 社会

逗子市民交流センター

7月10日号

コロナ禍の奉仕模索

コロナ禍の奉仕模索 社会

逗子ロータリークラブ

7月10日号

自宅で気軽に体操を

自宅で気軽に体操を 社会

シニアライフ振興財団が動画を配信

7月10日号

地域の混雑 ウェブで紹介

神奈川県

地域の混雑 ウェブで紹介 社会

感染防止ブックも公開

7月10日号

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク