逗子・葉山版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

冬の逗子海岸で何する? 意見交換会、参加者募る

文化

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena

 冬の閑散期に地域の魅力を内外に発信する活性化事業を(一社)逗子葉山青年会議所が企画している。切り口は「冬の逗子海岸」。地域にゆかりある青年らの意見も広く取り入れようと、実施する11月までに一般参加型の意見交換会を計7回設けた。現在、同事業への参加者を募っている。

 同会議所はこれまでも同海岸で親子向けのサンドアートやキャンドルナイトを主催するなどしてきた。今回は「ナニスル?〜未来を創造するのはワカモノとバカモノ」と題し、地域の若者らを交えて妙案を模索する。

 4月10日(日)にはキックオフイベントを開催。「魅力のあるまちとは?」をテーマに平井竜一逗子市長=写真右=、近藤大輔県議会議員=中=、「シネマアミーゴ」の長島源さん=左=がトークセッションするほか、意見交換会や懇親会も予定している。午後4時受付、8時15分閉会予定。会場は逗子市商工会館。対象は20歳〜40歳までで定員30人。会費は2千円(軽飲食費込み)。問合せは逗子市商工会【電話】046・873・2774(三ツ井さん)まで。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

3市町の可燃ごみ逗子で処理

3市町の可燃ごみ逗子で処理 政治

広域化実施計画素案が発表

12月13日号

「サンタがやってくる」

「サンタがやってくる」 経済

池田通りで特別企画

12月13日号

音楽が彩る午後のひととき

回顧 ずし・はやま2019

回顧 ずし・はやま2019 社会

〜紙面から振り返る今年の出来事〜

12月13日号

「ユニバーサル絵本親しんで」

「ユニバーサル絵本親しんで」 文化

来月18日 製作講座

12月13日号

初の「海街珈琲祭」に2千人

初の「海街珈琲祭」に2千人 文化

人気カフェには行列も

11月29日号

ALS患者が政策助言

ALS患者が政策助言 社会

共生社会実現へ県が委嘱

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク