逗子・葉山版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

覚せい剤葉山町議 保釈後も進退明かさず 町議会が特別委設置

社会

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena

 覚せい剤取締法違反(所持)で起訴された葉山町議会議員の細川慎一被告(41)の進退について、町内で動揺が広がっている。10日、保釈され14日に町民や町議会らに対し「多大なご迷惑をおかけしておりますことを改めてお詫び申し上げます」とコメントを発表したが、自身の進退については23日現在まで明かにしていない。一部では「議員を続ける意向を示しているとみられる」とも報じられており、町議会は今後の対応について協議する特別委員会を16日に立ち上げるなど対応に追われている。

*  *  *

 弁護士を通じたコメントで細川被告は「本来、自身の出処進退を早急に皆様にお伝えすべきところ」とした上で、「今後について考える時間をいま少し頂きたく存じます」としている。

 保釈に関する報道を受け、同町議会の近藤昇一議長は11日、本会議で「(議員辞職しないことが本人の意思なら)議会としては受け入れがたく、満身の怒りを込めて抗議する」と表明。「被告が議員の身分を失する日まで可能な限りの手段を講じる」とし、これを受けて町議会は特別委の設置を全会一致で決めた。委員は議長を除く12人で委員長は畑中由喜子氏(いきいき葉山の会)、副委員長を土佐洋子氏(みんなの葉山)が務める。同特別委は非公開で開いた初回に続き、30日にも会合を開く予定で、細川被告を招致し、本人から事情聴取をした上で議会としての対応を固める方針。

 細川被告は9日、使用容疑でも追送検されている。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

新ビジネス拠点設立

逗子市

新ビジネス拠点設立 経済

補助金申請などサポート

11月1日号

事前説明会に2陣営

葉山町長選

事前説明会に2陣営 政治

市民団体が擁立模索

11月1日号

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月1日号

お問い合わせ

外部リンク