逗子・葉山版 掲載号:2016年4月8日号 エリアトップへ

葉山ふるさとかるた 「遊びながら地元知って」

文化

掲載号:2016年4月8日号

  • LINE
  • hatena
同級生と考案した読み札を手にする岩澤響希君
同級生と考案した読み札を手にする岩澤響希君

上山小児童らが読み札考案

 「え 縁側で にっこり笑顔の おばあさん」――。

 昭和30〜40年代の上山口と木古庭に住む人々の暮らしぶりを描いた「葉山ふるさと絵屏風」のかるた版がこのほど完成した。葉山ふるさと(古里)絵屏風継承会(岩澤直捷会長)が上山口小学校の協力を得て制作。同小の6年生(当時)27人が読み札を考案した。

 かるたは「暮らし」や「催事」「子ども」などをテーマにした絵札と読み札のそれぞれ46枚で、絵札は昨年5月、地元町内会や企業などが協働で制作した絵屏風の絵駒を使い、読み札は同年11月、絵札をもとに児童らが創作した。「あ」から「ん」までの46音から始まる読み札は基本5・7・5の形式で「そ そうだよね 餌やる人に 牛なつく」や「た 田起こしが 機械化したので 楽ちんだ」など子どもならではのユニークな発想が随所に光る。

 同会では町内会や企業の協賛を得てかるたを300個制作。先月には町内4小学校や地元児童館、町立図書館などに寄贈した。当時6年生だった岩澤響希君(12)は「考えるのは大変だったけど、実際に遊んでみて楽しかった。遊びながら上山口と木古庭のことを知ってもらえたら」、岩澤会長は「かるた遊びを通じて、地元の子どもたちが幼いうちから郷土愛を育んでいってほしい」と話した。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

ニュースポーツ支え広める

ニュースポーツ支え広める スポーツ

葉山町長柄在住 長谷川さん

10月18日号

体動かし楽しむ1日

体動かし楽しむ1日 スポーツ

逗子でスポーツの祭典

10月18日号

小松亮太さんら出演

タウンニュース社主催

小松亮太さんら出演 文化

タンゴスペシャルコンサート

10月18日号

「ファイア」リニューアル

キリン缶コーヒー

「ファイア」リニューアル 経済

火をテーマに20周年

10月18日号

脳性まひの天才画家の記録

脳性まひの天才画家の記録 文化

佐島の複合施設で無料上映会

10月18日号

感謝の気持ち音に込め

感謝の気持ち音に込め 文化

逗子のジャズオケ10周年

10月18日号

アフリカのリアル知る

アフリカのリアル知る 文化

現地在住女性が講演

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク