逗子・葉山版 掲載号:2016年5月13日号 エリアトップへ

「3・11、自分事に」 石巻・大川小遺族が講演

社会

掲載号:2016年5月13日号

  • LINE
  • hatena

 災害時の行動や備えを東日本大震災の教訓から考える防災講演会が先月23日、逗子文化プラザホールで催された。津波で多くの犠牲者が出た大川小学校(宮城県石巻市)で次女、みずほさん(6年生・当時)を亡くした元中学校教員の佐藤敏郎さんが登壇。集まった約50人の来場者に「あの時のことが無駄にならないよう、3・11を自分事にしてほしい」と訴えた=写真。NPO法人環境ファミリー葉山と下山口白石地区まちづくり推進協議会の主催。

 大川小では児童74人を含む84人が犠牲になった。佐藤さんは当時、中学校で避難などの対応に追われ、愛娘と再会できたのは3日後。その後悲しみを抱えながらも、心に傷を負った子どもたちと向き合った。

 子どもらが避難できる状況があったにも関わらず被害に遭ったことについて、「教師全員が子どもを救おうと思っていたはず」としながら「(避難を)組織として意思決定できていなかったのでは」と推測。「本当に守るべきは命。そのための議論を深めてほしい」と呼びかけた。この日は逗葉地域の防災の課題を考えるパネルトークも行われた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

オンライン営業に活路

With コロナを生きる

オンライン営業に活路 経済

逗子のスナックで好評

5月29日号

現場の機転で詐欺防止

現場の機転で詐欺防止 社会

木古庭のセブンに感謝状

5月29日号

逗子のホールが音楽家支援

逗子のホールが音楽家支援 文化

演奏の場提供 動画で配信

5月29日号

市にマスク寄贈

池田通り商店会

市にマスク寄贈 社会

5月29日号

ひとり親家庭を支援

【Web限定記事】

ひとり親家庭を支援 社会

逗子市が特別給付

5月22日号

次亜塩素酸水を配布

【Web限定記事】

次亜塩素酸水を配布 社会

葉山町が容器持参呼びかけ

5月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク