逗子・葉山版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

高台目指して走れ走れ 津波避難想定し「復幸ラン」

社会

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena
子どもと一緒に高台のゴールへと走る参加者(=15日、久木/法性寺)
子どもと一緒に高台のゴールへと走る参加者(=15日、久木/法性寺)

 東日本大震災を教訓に、坂を走って津波から避難する大切さを学ぶ「第1回 復幸男女決定戦」が15日、久木の法性寺で開かれた。子どもやペット連れなど約30人が参加し、山門から本堂までの坂約150mを全力で駆け上がった。

 被災地の支援活動を展開している「逗子災害ボラバスターズ」(勝呂勇樹代表)の主催。これまで主に宮城県女川町への支援活動を行っており、女川の「津波伝承 復興男」と題した行事に倣い、「同じ海を持つ逗子でも」と初めて企画した。

 当日は「位置についてよーい、逃げろ」の掛け声でスタート。実際の避難を想定し、子どもをおぶったり、車いすを押しながら避難する参加者もいた。息子の瑛土君(4)と参加した田中幸子さん(47)は「子どもを連れて坂道を走るのは思いのほか大変だった。避難経路の確保も重要だと感じた」と振り返った。主催団体の服部誠さんは「高台に避難する大切さを少しでも広めていければ。来年以降も企画したい」と話した。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

オンライン営業に活路

With コロナを生きる

オンライン営業に活路 経済

逗子のスナックで好評

5月29日号

現場の機転で詐欺防止

現場の機転で詐欺防止 社会

木古庭のセブンに感謝状

5月29日号

逗子のホールが音楽家支援

逗子のホールが音楽家支援 文化

演奏の場提供 動画で配信

5月29日号

市にマスク寄贈

池田通り商店会

市にマスク寄贈 社会

5月29日号

ひとり親家庭を支援

【Web限定記事】

ひとり親家庭を支援 社会

逗子市が特別給付

5月22日号

次亜塩素酸水を配布

【Web限定記事】

次亜塩素酸水を配布 社会

葉山町が容器持参呼びかけ

5月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク