逗子・葉山版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

骨で迫る海洋生物の生態 油壺マリンパークで特別展

文化

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena

 長柄在住の透明標本作家、冨田伊織さん=人物風土記=の作品が並ぶ特別展が京急油壺マリンパーク(三浦市三崎町小網代1082)で行われている。「スケルトン〜骨格からみる海洋生物の多様性〜」と題し、約50の透明標本=写真=などが展示されている。

 透明標本は元々解剖学などの骨格研究に使われるもので、特殊な薬品で筋肉を透明にし、骨や軟骨を赤や青に染め上げる。光を当てると骨の一つひとつが細部まで透きとおり、そのアート性の高さから近年注目を集めている。

 同展では冨田さんの作品のほか、生体や標本なども展示。魚類や軟体動物、ヒトデをはじめとする棘皮(きょくひ)動物、クラゲやイソギンチャクなどの刺胞動物など、海に住むさまざまな生物の生態や進化の過程を骨の仕組みから探る。

 午前9時から午後5時。入園料は大人1700円、中学生1300円、小学生850円、3歳以上の幼児450円。展示終了時期は未定。

 問合せは京急油壺マリンパーク【電話】046・880・0152

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

誰もがアート楽しむ1日に

誰もがアート楽しむ1日に 文化

市民が企画 想いが出会い呼ぶ

10月4日号

“日本の美”代表作から感じる

“日本の美”代表作から感じる 文化

山口蓬春記念館で企画展

10月4日号

「生きる力身に着けて」

「生きる力身に着けて」 教育

葉山のパパが”私塾”開講

10月4日号

「求む!あなたの歌声」

市商工会青年部

「求む!あなたの歌声」 経済

公式ソングを制作中

10月4日号

海狼の閉店に惜しむ声

海狼の閉店に惜しむ声 経済

記念撮影する姿も

10月4日号

逗子の池子層を歩く

逗子の池子層を歩く 文化

市民団体が観察会

10月4日号

城ケ島で音楽フェス

城ケ島で音楽フェス 文化

石野卓球ら出演

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月4日号

お問い合わせ

外部リンク