逗子・葉山版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

国内外で作品展を行うなど「透明標本作家」として活躍する 冨田 伊織さん 葉山町長柄在住 32歳

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena

生き物ってすごいな

 ○…それはまるで魔法のようだ。フグやエイ、イカなどの魚介等を繰り返し特殊な薬品に浸すことで次第に筋肉が透け、骨格が鮮やかな赤や紫、青色に染まっていく。完成したのは思わず息をのむ、色彩と造形美を兼ね備えた世界でひとつの芸術作品だ。元々は研究用として扱われてきた「透明標本」をアートの域にまで昇華させたパイオニア。これまで手掛けてきた作品の数、実に数万点にのぼる。

 ○…水産学を学んでいた大学時代、講義で紹介された透明標本に心打たれた。「なんて綺麗なんだろう」。手に入れたいがどこにも売っていない。ならばと在学中から透明標本を作るようになった。転機は8年前、自作した透明標本をSNSで発信するうち、大規模なデザインイベントがあることを知る。それまでデザインの世界には無縁だったし、生き物を作品とすることに批判があるのではと不安もあった。だが、ブースには人だかりが押し寄せ、矢継ぎ早に質問が飛んだ。「素晴らしい。一体どうやって作っているんだ」。この仕事で生きていけるかもしれない――。人生のレールが切り替わる音が聞こえた。

 ○…埼玉の生まれ。幼い頃から父とよく釣りに出かけ清流に泳ぐ魚をずっと眺めたり、生物図鑑を丸暗記するほど生き物が好きだった。卒業後、会社勤めを経て漁師を志していたこともある。原風景にある、豊かな自然を求めて。数年前、葉山に越してきたのもそんな理由からだ。

 ○…制作は細かい作業の連続で、指先ほどの作品でも半年以上を費やす労作。その過程では作者ならではの楽しみもある。透明にすると、今まで知らなかった魚の骨格が不意に浮かび上がったり、飲み込んだ餌が見え、生物の営みを感じたり。「そういう発見が最初にできるのは、役得ですね」と笑う。そんなときいつも感じることが「生き物ってすごいな」。少年のような無邪気な顔で語った一言が、今も変わらぬ原点だ。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

清岡 優子さん

バイオリニストで「デュオハヤシ国際コンクール」で優勝した

清岡 優子さん

逗子市久木在住 37歳

10月4日号

田嶋 博雄さん

(一社)逗葉医師会の会長に就任した

田嶋 博雄さん

逗子市在住 71歳

9月20日号

松苗 幸希さん

セーラーとして東京五輪を目指している

松苗 幸希さん

葉山町在住 33歳

9月6日号

箕輪 亮佑さん

スペインセーリングチームの市民応援団で活躍する

箕輪 亮佑さん

小坪在住 23歳

8月23日号

尾前 芳樹さん

逗子・葉山コミュニティ放送株式会社の代表取締役社長に就任した

尾前 芳樹さん

横須賀市秋谷在住 55歳

8月9日号

梶川 精二さん

(公社)鎌倉法人会の会長に就任した

梶川 精二さん

葉山町下山口在住 68歳

7月26日号

齊藤 晞今(えいこ)さん

逗葉神輿連合会の会長を務める

齊藤 晞今(えいこ)さん

逗子市桜山在住 58歳

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月4日号

お問い合わせ

外部リンク