逗子・葉山版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

同世代の頂点見えた 新宿在住、杉匠真君

スポーツ

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena
セールとボードを巧みに操る杉君(=スペイン・グランカナリア島)©CARTER/PWRWORDTOUR.com
セールとボードを巧みに操る杉君(=スペイン・グランカナリア島)©CARTER/PWRWORDTOUR.com

 久木中学校2年の杉匠真君(13)=新宿=が9日までスペインで行われたウインドサーフィンの世界大会「グランカナリア ウインド&ウェーブフェスティバル」に出場し、ユース(12-13歳)部門で準優勝に輝いた。トッププロの登竜門とも言われる世界最高峰の舞台で、同世代の頂点を初めて視野にとらえた。

ウインドサーフィン世界大会で2位

 大会のユース部門には西、独、伊、ハワイなどから26選手が参加。杉君は波に乗りながらジャンプなど技の難易度や完成度を競うウェーブ種目で出場した。

 逗子海岸でインストラクターをしている純太郎さん(50)を父に持ち、小学1年生から競技を始めた。数々の大会で最年少優勝記録を更新しているほか、今年4月には逗子海岸で行われた大会のスペシャルクラスで大人に混ざりながら優勝を収めるなど、目覚ましい成績を残している。

 ユースの世界大会への出場は今回で2度目。昨年11月にハワイ・マウイ島で開催された大会では予選敗退と苦い思いをしたこともあり、悔しさをバネに練習を重ねてきた。

 8日間を戦う要の初戦。調子は良かったものの「緊張感はあった」と振り返る。最初の技は逗子の海で繰り返し練習してきた「フォワードループ」。空中で身体ごと縦に1回転する大技だったが見事成功させ、勢いそのままに次々と技を決めていった。予選では2位で通過、決勝でも地元スペイン選手に次ぐ高得点をマークし、表彰台を射止めた。純太郎さんによると同大会での準優勝は日本人選手では初の快挙という。大会を振り返って杉君は「1位になりたかったけど、世界で初めて表彰台に乗れたのは嬉しい」と笑顔を見せた。

 杉君は11月にもハワイの世界戦に出場する予定で「昨年のリベンジマッチ。今回の結果を生かして優勝を狙いたい」と意気込んだ。

表彰台で笑みを浮かべる杉君(左)
表彰台で笑みを浮かべる杉君(左)

逗子・葉山版のトップニュース最新6

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

今月末に解除の見通し

小坪隧道通行止め

今月末に解除の見通し 社会

台風15号の爪痕残る

9月20日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

逗子の空気感一冊に

地元在住編集者夫妻

逗子の空気感一冊に 文化

スペインチームにプレゼント

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク