逗子・葉山版 掲載号:2016年10月7日号 エリアトップへ

「ファンライドジャパン」代表 日本の絶景、世界に発信 松林由紀子さん(一色在住)

経済

掲載号:2016年10月7日号

  • LINE
  • hatena
愛車のハーレーダビッドソンと写る松林さん(=9月28日、長者ヶ崎)。バイクツーリング専門の旅行会社は国内では唯一という
愛車のハーレーダビッドソンと写る松林さん(=9月28日、長者ヶ崎)。バイクツーリング専門の旅行会社は国内では唯一という

 息を飲むような美しい日本の原風景を、世界の人々に伝えたい――。

 近年、訪日観光客が急増するなか、外国人旅行者向けのバイクツーリング会社を立ち上げた女性が葉山町にいる。「ファンライドジャパン」代表の松林由紀子さん(63)。今年3月に本格的に活動をスタートさせ、世界各国から申込みや問合せが相次ぐなど独自のサービスが関心を集めている。

*  *  *

 レンタルバイクで東京を出発。三浦半島を周遊し、海岸線を伝って箱根方面へ。以前SNS(交流サイト)で参加者を募って開催した1泊2日の旅程の一部だ。プランはオーダーメイドで、松林さん自らも先頭を走り利用客を案内。観光ガイドに載らないような穴場を見て回ったり、時にはご当地の文化や歴史を紹介したりもする。車では入り込めないような場所にも行けるバイクの特性を活かし、利用客の要望に応えるきめ細やかなサービスが最大の売りだ。

 実は松林さんは国際線の元客室乗務員(CA)。35年間、数えきれないフライトで接客の技術を磨いてきた。英語も堪能で「自分ならではの質の高いサービスが提供できる」と自負する。

 きっかけは8年ほど前、早期退職を控え20代のころに憧れた大型バイクの免許を取得して。全国津々浦々をひとりバイクでめぐる中で、地方の山村や漁村で目にする原風景の美しさに魅せられたという。あるとき能登半島で白い砂浜のようなものを目にした。近くの人が水をまくと表面が日光できらきらと輝いている。初めて目にする塩田だった。「なんて綺麗なんだろう。日本でしか見られないような景色と感動を、多くの海外の人に伝えたい」。訪日観光客の増加も、起業を後押した。

 提案する旅程は神奈川近郊が主だが、三浦半島にもポテンシャルを感じているという。一面に広がる三浦のキャベツ畑や海岸線をバックにしたまち並み。それらもいわば地元の原風景で、県や地元行政が連携し、鎌倉や箱根に次ぐ観光拠点に推進する動きもある。「バイクのルートマップを作ったり、新しいことに挑戦しても面白いかもしれない」
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

元気と生きがい地域に

元気と生きがい地域に 社会

有志団体がNPO法人化

4月30日号

弦楽合奏を堪能

弦楽合奏を堪能 文化

小泉ひろしさんが指揮

4月30日号

学生繋がる機会に

学生繋がる機会に 文化

団体の活動ウェブで紹介

4月30日号

展示スペースを一新

展示スペースを一新 文化

葉山まちづくり館

4月30日号

話題の場所に記者潜入

話題の場所に記者潜入 社会

レアな情報サイト

4月30日号

県内SDGs事例を冊子に

県内SDGs事例を冊子に 経済

中小企業の15事例掲載

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter