逗子・葉山版 掲載号:2016年10月21日号 エリアトップへ

昭和香る「どたばたコメディ」 来月4・5日「流れ星」上演

文化

掲載号:2016年10月21日号

  • LINE
  • hatena
本番さながらの芝居が続く稽古場(=10日、逗子)
本番さながらの芝居が続く稽古場(=10日、逗子)

市民劇団「なんじゃもんじゃ」

 逗子市民劇団「なんじゃもんじゃ」(石井昭子代表)による新作公演「流れ星」が11月4・5の両日、逗子文化プラザなぎさホールで上演される。過去の自分を変えたいと主人公が向かう先は1970年の日本。同劇団モットーの「笑って泣けるどたばたコメディ」を昭和の空気満載で届ける。

 現在開催中の逗子アートフェスティバルと逗子市文化祭の参加企画。劇団は85年に市の演劇実践講座の卒業生らが旗揚げし、公演は42回目になる。俳優で脚本家の宅間孝行さんが「東京セレソンデラックス」で上演した戯曲を同劇団の山田マリエさんが演出する。

 出演するのは20代から70代まで、職業も年齢層も様々な13人。9月から本格的に稽古をはじめ、週末を中心に週に2日、熱のこもった稽古を重ねてきた。

 物語の舞台はとある古びた下宿屋。長年連れ添いながらも夫を恨み続けてきた妻が魔法使いの力を借りて過去にタイムスリップし、若き日の自分に夫ではなく当時憧れていた男と結ばせようと奮闘する―という設定だ。衣装や小道具もさることながら、当時の流行語やヒットソングなどをちりばめ、随所に「昭和の空気感」を演出。坂本九さんの代表曲「見上げてごらん夜の星を」など歌の弾き語りも聴きどころという。

 演出の山田さんは「夫婦や家族は当たり前にあるからこそ大切さを見落としがち。本当の意味での幸せは何なのか、作品を通じて問いかけたい」と話している。

 4日(金)が午後7時、5日(土)が午前11時と午後3時からの計3回公演(各回と30分前に開場)。チケットは全席自由で前売り2千円、当日2500円。予約、問合せは石井さん【電話】046・873・7529
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

学生が集う場所に

学生が集う場所に 社会

関東学院大生が空き家改修

7月12日号

三崎×都心の2拠点生活

三崎×都心の2拠点生活 社会

元呉服屋をリノベーション

7月12日号

2家族で一軒家をシェア

2家族で一軒家をシェア 社会

新しい子育てのかたち

7月12日号

「できたての風味 味わって」

とちぎや

「できたての風味 味わって」 教育

汲み出し豆腐を特別提供

7月12日号

葉山小で児童と交流

英国セーリングチーム

葉山小で児童と交流 教育

努力の大切さ伝授

7月12日号

「こどもレストラン」大盛況

「こどもレストラン」大盛況 教育

料理や接客、会計も学ぶ

7月12日号

手づくりの魅力感じて

手づくりの魅力感じて 社会

約250点の作品展

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク