逗子・葉山版 掲載号:2016年10月21日号 エリアトップへ

県立近代美術館葉山 企画展「陽光礼讃」あすから 谷川・宮迫夫妻の足跡辿る

文化

掲載号:2016年10月21日号

  • LINE
  • hatena
宮迫千鶴《花言葉・夕暮れの想い》2007年 アクリル、紙
宮迫千鶴《花言葉・夕暮れの想い》2007年 アクリル、紙

 画家で美術評論家の谷川晃一氏と妻で画家、エッセイストの故・宮迫千鶴氏の作品展「陽光礼讃」があす10月22日(土)から一色の県立近代美術館葉山で始まる。来年1月15日まで。

 谷川氏は1960年代から画家として活躍し、「アール・ポップの時代」(79年)をはじめとする鋭い美術批評でも知られる。妻の宮迫氏は美術活動の傍ら、女性論や家族論などの社会批評を展開。08年に病で没するまで、夫婦ともに美術と著述の両輪で時代の第一線を走り続けた。

 夫妻の転機は88年に東京から伊豆高原に移住してからという。都会を離れ、海と山に囲まれた自然との共生が2人の作風にも大きな影響を与えた。同展では日々の暮らしの中から生み出されたアクリル画や水彩画、コラージュ、布作品、ボックスアートなどを一挙展示。谷川氏の最新作「雑木林シリーズ」も並ぶ。

 午前9時30分から午後5時(入館4時30分まで)。月曜休館。入館料は一般1200円、20歳未満と学生1050円、65歳以上600円、高校生100円。問合せは同館【電話】046・875・2800

*  *  *

 会期中は谷川氏によるアーティストトーク(11月13日・12月3日)や美術評論家の原田光氏との対談(1月14日)など関連企画も開催。学芸員によるギャラリートーク(11月20日・12月18日)もある。

谷川晃一《雑木林の生命》2015年 アクリル、紙パネル
谷川晃一《雑木林の生命》2015年 アクリル、紙パネル

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

学生が集う場所に

学生が集う場所に 社会

関東学院大生が空き家改修

7月12日号

三崎×都心の2拠点生活

三崎×都心の2拠点生活 社会

元呉服屋をリノベーション

7月12日号

2家族で一軒家をシェア

2家族で一軒家をシェア 社会

新しい子育てのかたち

7月12日号

「できたての風味 味わって」

とちぎや

「できたての風味 味わって」 教育

汲み出し豆腐を特別提供

7月12日号

葉山小で児童と交流

英国セーリングチーム

葉山小で児童と交流 教育

努力の大切さ伝授

7月12日号

「こどもレストラン」大盛況

「こどもレストラン」大盛況 教育

料理や接客、会計も学ぶ

7月12日号

手づくりの魅力感じて

手づくりの魅力感じて 社会

約250点の作品展

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク