逗子・葉山版 掲載号:2016年11月18日号 エリアトップへ

「スポーツGOMI拾い」を推進する一般社団法人ソーシャルスポーツイニシアチブの代表を務める 馬見塚(まみづか) 健一さん 葉山町堀内在住 49歳

掲載号:2016年11月18日号

  • LINE
  • hatena

ゴミ拾いはスポーツだ

 ○…制限時間は60分。号砲と同時に競技エリア内に放棄された空き缶やたばこの吸い殻は「ごみ」から「標的」に様変わりする。老いも若きも、皆が無心になってかき集める様子はさながら”宝探し”のようだ。種別ごとの重量とポイントの合計を競い、最も多く獲得したチームが優勝する。考案したのは、従来の社会貢献活動としてのごみ拾いにスポーツのエッセンスを加えた「スポGOMI」だ。

 ○…趣味は早朝のランニング。あるとき街を駆けていると、道端に捨てられていたペットボトルや袋が目に付いた。最初は見かける度に拾っていたものの、それだとうまく走れない。「ならば走りながら拾ってみよう」と発想を変え、ときには「利き手ではない側で」「走る速度を落とさずに」と自らにルールを課すと心境に変化が現れた。目先のごみが「汚いもの」から「的」になったのだ。「わずかな競技性を加えただけで向き合い方が劇的に変わる。ほかの人も同じように感じたらごみ拾いが全く違うものになるかもしれない」。付き合いのあった大学生らと競技用ルールを作り、8年前都内で初開催。熱中する参加者を見て確信を得た。

 ○…それまで自主的に関わっていなかった人たちがスポーツという形を通して社会貢献に参加する。そんな枠組みが功を奏し、イベントは北海道から沖縄まで全国に拡大。開催回数はのべで550を超え、6月には海外でも初開催した。ごみ拾いをスポーツに変換するという発想は国境の垣根を越えて広まりつつある。

 ○…開催場所が物理的に綺麗になるだけではない。スポGOMIには参加者が普段とは違う視点で目を凝らすことで地域への愛着を育んだり、環境への関心を持続的に高める側面もある。今月下旬には森戸海岸を会場に葉山でも初開催を控える。「地元の人には新しいごみ拾いの楽しみ方を、外から参加する人にはビーチの景色など葉山の魅力を感じてもらえたら」

逗子・葉山版の人物風土記最新6

清岡 優子さん

バイオリニストで「デュオハヤシ国際コンクール」で優勝した

清岡 優子さん

逗子市久木在住 37歳

10月4日号

田嶋 博雄さん

(一社)逗葉医師会の会長に就任した

田嶋 博雄さん

逗子市在住 71歳

9月20日号

松苗 幸希さん

セーラーとして東京五輪を目指している

松苗 幸希さん

葉山町在住 33歳

9月6日号

箕輪 亮佑さん

スペインセーリングチームの市民応援団で活躍する

箕輪 亮佑さん

小坪在住 23歳

8月23日号

尾前 芳樹さん

逗子・葉山コミュニティ放送株式会社の代表取締役社長に就任した

尾前 芳樹さん

横須賀市秋谷在住 55歳

8月9日号

梶川 精二さん

(公社)鎌倉法人会の会長に就任した

梶川 精二さん

葉山町下山口在住 68歳

7月26日号

齊藤 晞今(えいこ)さん

逗葉神輿連合会の会長を務める

齊藤 晞今(えいこ)さん

逗子市桜山在住 58歳

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月4日号

お問い合わせ

外部リンク