逗子・葉山版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

東逗子駅前広場 民間資本活用し複合施設 市、プロジェクトチーム発足へ

社会

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena
現在はイベントや憩いの場として利用されている東逗子駅前広場(=17日、沼間1丁目)
現在はイベントや憩いの場として利用されている東逗子駅前広場(=17日、沼間1丁目)

 逗子市が東逗子駅前広場の再整備に向けて来年度から検討作業を本格化させることが分かった。近く庁内で職員から成るプロジェクトチームを立ち上げ、活用計画の策定を目指す。市によると民間資本を活用する「PFI事業」で公共スペースを含む複合施設を想定しており、早ければ2022年度中の完成を視野に描く。

2022年度完成視野

 「PFI」は「プライベート・ファイナンス・イニシアチブ」の略。民間の資金やノウハウを活用し、公共施設の建設や管理・運営を行う手法で、近年全国で導入する自治体が増加傾向にある。事業費が縮減でき、質の高いサービスの提供が期待できるため、市はPFIを柱に検討を進める方針を固めた。

 対象の土地はJR東逗子駅に隣接する約1800平方メートル(沼間1丁目)。元々は旧国鉄の清算事業団用地で、市土地開発公社が1998年に約5億円で取得した。

 市はその後、住宅と商業施設、公共施設を備えた複合施設建設を計画。同年、県住宅供給公社と地権者との3社で覚書を締結し、事業化を目指した。だが、土地の用途や事業費をめぐって地元の理解を得ることが出来ない状況が続き、実現に見通しが立たないとして同公社が2001年に断念。翌年には同公社からの申し出を受け、市は覚書を解除した。以降具体的な整備計画はあがっておらず、現在は土地の一角で仮設の学童保育施設が運営されているほか、地域のイベントや憩いの場として利用されている。

 再整備の背景には土地の借入金に対する市の財政負担がある。元本額は依然残っており、毎年数百万円の利息が発生。支払いは市が一般会計から補てんしており、これまでの総額は約7700万円にのぼる。また用地の活用による東逗子地区の活性化は市の総合計画にも位置づけられており、2022年度までに整備工事完了を目指す構想が描かれている。

 ただ、前回頓挫した経緯もあり、実現には地元住民や事業者、地権者との合意形成が不可欠。市は今後、関係者や関係機関との話し合いや市民説明会の開催も進めていく方針。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

今月末に解除の見通し

小坪隧道通行止め

今月末に解除の見通し 社会

台風15号の爪痕残る

9月20日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

逗子の空気感一冊に

地元在住編集者夫妻

逗子の空気感一冊に 文化

スペインチームにプレゼント

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク