逗子・葉山版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

東逗子駅前広場 民間資本活用し複合施設 市、プロジェクトチーム発足へ

社会

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena
現在はイベントや憩いの場として利用されている東逗子駅前広場(=17日、沼間1丁目)
現在はイベントや憩いの場として利用されている東逗子駅前広場(=17日、沼間1丁目)

 逗子市が東逗子駅前広場の再整備に向けて来年度から検討作業を本格化させることが分かった。近く庁内で職員から成るプロジェクトチームを立ち上げ、活用計画の策定を目指す。市によると民間資本を活用する「PFI事業」で公共スペースを含む複合施設を想定しており、早ければ2022年度中の完成を視野に描く。

2022年度完成視野

 「PFI」は「プライベート・ファイナンス・イニシアチブ」の略。民間の資金やノウハウを活用し、公共施設の建設や管理・運営を行う手法で、近年全国で導入する自治体が増加傾向にある。事業費が縮減でき、質の高いサービスの提供が期待できるため、市はPFIを柱に検討を進める方針を固めた。

 対象の土地はJR東逗子駅に隣接する約1800平方メートル(沼間1丁目)。元々は旧国鉄の清算事業団用地で、市土地開発公社が1998年に約5億円で取得した。

 市はその後、住宅と商業施設、公共施設を備えた複合施設建設を計画。同年、県住宅供給公社と地権者との3社で覚書を締結し、事業化を目指した。だが、土地の用途や事業費をめぐって地元の理解を得ることが出来ない状況が続き、実現に見通しが立たないとして同公社が2001年に断念。翌年には同公社からの申し出を受け、市は覚書を解除した。以降具体的な整備計画はあがっておらず、現在は土地の一角で仮設の学童保育施設が運営されているほか、地域のイベントや憩いの場として利用されている。

 再整備の背景には土地の借入金に対する市の財政負担がある。元本額は依然残っており、毎年数百万円の利息が発生。支払いは市が一般会計から補てんしており、これまでの総額は約7700万円にのぼる。また用地の活用による東逗子地区の活性化は市の総合計画にも位置づけられており、2022年度までに整備工事完了を目指す構想が描かれている。

 ただ、前回頓挫した経緯もあり、実現には地元住民や事業者、地権者との合意形成が不可欠。市は今後、関係者や関係機関との話し合いや市民説明会の開催も進めていく方針。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

やり投げ歴2年で全国へ

逗子高校渡辺さん

やり投げ歴2年で全国へ NEXT_陸上

コーチ不在の逆境乗り越え

7月12日号

日本初「脱プラ」ビーチに

森戸海岸

日本初「脱プラ」ビーチに 社会

海の家で代替品使用

7月12日号

念願の直売所オープン

葉山町漁協

念願の直売所オープン 社会

毎週土日、地場産品並ぶ

6月28日号

市民へ協力呼びかけ

逗子海岸花火大会

市民へ協力呼びかけ 社会

リストバンドの販売開始

6月28日号

長柄小学校隣接地に計画

給食センター

長柄小学校隣接地に計画 政治

22年度の供用開始目指す

6月14日号

開始2カ月で一定の反応

逗子市空き家バンク

開始2カ月で一定の反応 政治

多様な利活用希望も

6月14日号

活用目指し修繕費募る

加地邸

活用目指し修繕費募る 社会

一般公開や民泊も視野

5月31日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク