逗子・葉山版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

山口蓬春記念館 画室の一般公開再開 2月上旬予定、見学会も

文化

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena
画室で談笑する山口蓬春(左)と吉田五十八《昭和32年(1957)》=同館提供
画室で談笑する山口蓬春(左)と吉田五十八《昭和32年(1957)》=同館提供

 大正から昭和期にかけて活躍した日本画家、山口蓬春(1893―1971)の自邸として使われた「山口蓬春記念館」(一色2320)の画室が来月上旬から一般公開を再開する。建築から60年余りが経ち、老朽化が進んでいたため昨年10月から補正工事を施していた。近く数々の画業が生まれたアトリエが、往時の姿でよみがえる。

 山口蓬春は東京美術学校(現・東京藝術大学)を卒業後、画家としての活動を開始。伝統的な日本画を探求する一方で西洋画の技法を取り入れるなど独自の画風を作り出し、当時の画壇で数多くの業績を残した。

 建物は既存の木造2階建ての家屋を蓬春が自邸として購入。その後、大学の同窓で近代数奇屋建築の名匠といわれる吉田五十八(1894―1974)が増改築を手掛けた。

 同館によると補正工事は基礎部分を中心に行い、五十八の設計図をもとに施工。室内の壁や床も補修し、当時そのままの様相がうかがい知れるようになるという。

 同館では、今回の工事竣工を記念して、建物見学を兼ねた説明会を企画。施工した業者が工事中に発見したエピソードや当時の状況を映像などを交えて紹介する。2月17日(金)午後2時から3時。参加費無料(但し入館料要)、定員20人で2月7日(火)までに同館に申し込む。

 問合せは同館【電話】046・875・6094

画業の一端垣間見る

 同館では現在、新春展「山口蓬春邸のおもてなし―蓬春夫妻の美意識を探る」を開催している。3月20日(祝)まで。

 同展では蓬春と日本画を学んだ春子夫人の作品のほか、生前優れた目利きでもあった蓬春が収集した絵画や古陶磁などを一挙に展示している。期間中は同館と同じく吉田五十八が設計を手掛けた鎌倉市鏑木清方記念美術館(同市雪ノ下)との連携イベント、学芸員による展示の解説(毎週日曜午後2時〜)もある。なお、画室は補正工事完了まで非公開。

 開館は午前10時から午後5時(入館4時30分)。月曜休館。入館料は一般600円、高校生以下無料。問合せは前述同館へ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

今月末に解除の見通し

小坪隧道通行止め

今月末に解除の見通し 社会

台風15号の爪痕残る

9月20日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

逗子の空気感一冊に

地元在住編集者夫妻

逗子の空気感一冊に 文化

スペインチームにプレゼント

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク