逗子・葉山版 掲載号:2017年3月24日号 エリアトップへ

逗子でアートサロン 五感で描く「臨床美術」 認知症改善やストレス軽減も

社会

掲載号:2017年3月24日号

  • LINE
  • hatena
臨床美術士のアドバイスを受けながら思い思いに制作する参加者(=2月25日、逗子)
臨床美術士のアドバイスを受けながら思い思いに制作する参加者(=2月25日、逗子)

 単に見て描くのはではなく、五感を使って自らのイメージを絵やオブジェに表現する「臨床美術」の取り組みが逗子で行われている。昨年4月から市民グループが主宰するアートサロンが開かれているほか、高校の特別授業で取り入れられることもある。元々は認知症の改善や予防のために開発されたプログラムだが、子どもの創作意欲を高めたり、ストレスケアにも効果的とあって、活用の場が広がりつつあるようだ。

   *  *  *

 先月25日、市民交流センターで創作に取り組む参加者の姿があった。「模様を一つ選んで、好きなように色をつけてみてください」。促されると参加者が思い思いに筆を走らせていく。線を付け足したり、何色を選ぶかも自由。途中講師が「いい色ですね」「素晴らしい発想」と声をかけると和やかな雰囲気が広がっていく。

 「アートコミュニティ逗子」(安彦美里代表)が月1度開催しているアートサロン。毎回個人や親子連れなど10人ほどが参加している。参加者は認知症の人や趣味で参加する人など様々で、60代の女性は「毎回予想外のテーマで飽きない。美術の授業とは違って上手下手ではなく、自由な発想で描くのが楽しい」と話す。

 臨床美術では正確な描写を求めるのではなく、感覚を表現する。例えばリンゴを描くのにはじっくり触り、香りをかいで食べ、生い立ちを想像しながら描く―といった具合だ。この日講師を務めた臨床美術士の高木啓多さん(44)によると五感の刺激とコミュニケーションで脳が活性化され、認知症だけでなく、ストレスの緩和にも効果がある。「作品はいわば自己の投影。褒め合うことは自己肯定感や自信に繋がる」。近年は介護や教育の現場で導入するケースも増えているという。

高木さんは「一般的な知名度は高くないが、臨床美術の取り組みをより多くの人に知ってほしい」と話した。

 次回開催は4月8日(土)。同センターで午後1時から2時50分。参加費3500円(画材レンタル別途300円)。問合せは【メール】artcommunity.zushi@gmail.com
 

葉山つつじカードが届きます!

6月1日から取り扱い店舗で使えます

https://hayama.yomsubi.com/

<PR>

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

町の歴史 発掘し伝え20年

町の歴史 発掘し伝え20年 文化

葉山郷土史研究会が記念号

5月14日号

一人で悩まず相談を

一人で悩まず相談を 文化

保健所が女性向け相談会

5月14日号

「珍しい皆既月食を見よう」

「珍しい皆既月食を見よう」 文化

かわいさんが観察会

5月14日号

安心安全に登山楽しんで

安心安全に登山楽しんで 社会

葉山・山楽会がガイドブック更新

5月14日号

埋もれた素材をバッグに

埋もれた素材をバッグに 経済

葉山町在住 佐野さん

5月14日号

「応援サポーター」に中澤さん

不動産会社ウスイグループ

「応援サポーター」に中澤さん 社会

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter