逗子・葉山版 掲載号:2017年5月12日号 エリアトップへ

(PR)

活動基盤強化の協力を 5月は赤十字運動月間

掲載号:2017年5月12日号

  • LINE
  • hatena
震災などの非常時には迅速な救護活動を行う
震災などの非常時には迅速な救護活動を行う

 日本赤十字社神奈川県支部は、日本赤十字社創立記念月の5月を「赤十字運動月間」として、活動資金の募集を行っている。

 日赤は「人間を救うのは、人間だ。」をスローガンに、人道的な使命を果たすことを目的とした民間組織。期間中は、赤十字の活動や理念のPR、町内会・自治会などを通し、活動資金の協力を呼びかける。寄せられた活動資金は災害発生時の被災者救護の他、救援物資の備蓄、青少年やボランティアの育成、救急法などの講習・普及に活用される。

 「赤十字の活動は県民の皆さまからのご支援によって支えられています。事業推進にぜひご協力お願いします」と県支部。寄付には税制上の優遇措置や表彰制度もある。(問)同支部【電話】045・681・2123

日本赤十字社神奈川県支部(赤十字月間)

横浜市中区山下町70−7

TEL:045-681-2123

http://www.kanagawa.jrc.or.jp/

逗子・葉山版のピックアップ(PR)最新6

口内炎が治りにくい

神 歯 大附属病院

口内炎が治りにくい

口腔がん検診のすすめ

1月21日号

補聴器購入は専門店へ

めがねの荒木 逗子店

補聴器購入は専門店へ

今年は「よく聞こえる」1年を

1月21日号

特製ナルゲンボトルいかが

特製ナルゲンボトルいかが

自治会や企業の記念品に

1月21日号

所有不動産で困っていませんか?

ウスイホーム逗子店

所有不動産で困っていませんか?

無料相談・無料査定を実施中

1月7日号

社交ダンスで若返る!?

社交ダンスで若返る!?

コロナ対策万全、認知症予防にも

1月7日号

時流に乗って次のその先へ

学校法人 神奈川歯科大学 鹿島勇理事長インタビュー

時流に乗って次のその先へ

先見性と行動力でアフターコロナ、ウイズコロナの時代を乗り切ろうとする鹿島勇理事長が掲げる2022年のスローガンは「時流に乗って次のその先へ」。慎重かつ大胆に、将来に向けた大学・病院経営の成長戦略を進めていく。

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook