逗子・葉山版 掲載号:2017年5月12日号 エリアトップへ

旧野外活動センター 活用視野に市民アイデア 会議に30人が参加

社会

掲載号:2017年5月12日号

  • LINE
  • hatena

 耐震性や使途の問題から2006年から閉鎖されている逗子市の「旧野外活動センター」(同市桜山)の利活用を考える市民会議が先月29日、逗子市役所で開かれた。3回目となる今回は文化や子育て団体、個人など約30人が参加。各自が持ち寄ったアイデアを発表した=写真=ほか、意見交換をしながら利用方法について話し合った。

   □  □  □

 蘆花記念公園内に立地する同センターは延床面積約720平方メートル、鉄筋コンクリート3階建ての施設で築50年近くが経過している。過去には市民が宿泊できる公共施設として利用されたが、旅館業法に抵触する恐れがあったことや、耐震診断で補強工事が必要と判明したため、市は06年にセンターの廃止を決定。以後10年間利用されていない。こうした状況の中、将来的な施設のあり方について市民を交えて検討しようと、今年2月には第1回目の会合が開かれた。

 利活用は、用途制限で住宅や学校、保育所、老人ホームなどに限られる。再整備には多額の改修費や耐震補強が必要で、市は利活用を行政計画に位置付けていない。このため、市は市民自らが事業財源の確保と運営を行うことを前提に建物の貸付を行うとしている。

 この日の会合ではこれらを踏まえ、参加者が事前に用意した持ち寄りのアイデアをそれぞれ発表。「一部を住居やシェアオフィスとし、残りを市民が自由に利用できる公民館的施設としては」「地域の専門家を講師に、幅広い世代が学べる学習施設はどうか。他の自治体の例もある」「いっそ施設を解体・撤去し、公園機能を充実させては」など様々な案が出された。

 会議は今後も開催する予定で、利用のアイデアを膨らませながら実現の可能性を模索していくという。
 

逗子・葉山版のトップニュース最新6

かつての国境 漕いで渡る

逗子在住畠山さん

かつての国境 漕いで渡る スポーツ

沖縄返還50年記念レース出場

5月13日号

町村部門で日本一

広報葉山

町村部門で日本一 社会

10年越しに目標達成

5月13日号

求む!葉山写した8mmフィルム

求む!葉山写した8mmフィルム 文化

秋の上映目指し活動開始

4月29日号

エコのたすき 次世代引き継ぐ

エコのたすき 次世代引き継ぐ 社会

ずしグリーンライフフェス開催

4月29日号

中学校給食の業者選定へ

葉山町

中学校給食の業者選定へ 教育

来年4月から提供開始

4月15日号

発展の礎 後世に伝える

東逗子駅

発展の礎 後世に伝える 社会

開業70周年事業が始動

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook