逗子・葉山版 掲載号:2017年7月7日号 エリアトップへ

横浜市歴史博物館 ハマっ子、三浦半島を行く 江戸と弥生 2つの時間軸

文化

掲載号:2017年7月7日号

  • LINE
  • hatena
浦賀にやってきたアメリカ船のスケッチ1845(弘化2)年[同館蔵](萩原家文書)
浦賀にやってきたアメリカ船のスケッチ1845(弘化2)年[同館蔵](萩原家文書)

 横浜市歴史博物館(横浜市都筑区中川中央1の18の1)で企画展「ハマッ子、三浦半島をゆく─江戸と弥生 海と横浜」が開催されている。7月17日(祝)まで。

 江戸時代と弥生時代。2つの時間軸の中で、三浦半島と横浜はどのようなつながりを持ってきたのか、歴史・文化の視点から考察している。横浜市民に向けた内容となるが「地域の歴史を横浜と比較することで特徴を考えることができる。三浦半島の人たちにも見てもらいたい」と同館学芸員の吉崎雅規さん。

 三浦半島の絵図、異国船への備えなど江戸時代に焦点を当てた展示が約25点。「海の関所」として機能した横須賀市浦賀では、神奈川湊の廻船問屋(商人)が地元民と連携して東京湾内の船の取り締まりにあたっており、浦賀奉行所に提出した「誓約書」が残されている。弥生時代の三浦半島の歴史を特徴づける海蝕洞穴遺跡である「間口洞穴」(三浦市松輪地区)の出土漁具資料なども興味深い。

 観覧料は企画展のみ大人200円、常設展共通は500円。問合せは同館【電話】045・912・7777

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

「最高の環境で楽しんで」

逗子海岸花火大会

「最高の環境で楽しんで」 社会

協賛シートの受付開始

8月9日号

飛行機の仕組みと魅力紹介

飛行機の仕組みと魅力紹介 文化

まちづくり館で展示

8月9日号

実行委が英語メニュー作成

ずし呑み

実行委が英語メニュー作成 文化

「飲食店の魅力伝えたい」

8月9日号

看板猫モチーフに

看板猫モチーフに 文化

湘南ねこ美術館で企画展

8月9日号

沖縄一色の一日に

沖縄一色の一日に 社会

17日亀岡八幡宮でイベント

8月9日号

北斎展、そごう美術館で

北斎展、そごう美術館で 文化

読者5組10人を招待

8月9日号

スペイン選手と交流しよう

スペイン選手と交流しよう 文化

縁日やヨットの展示も

8月9日号

あっとほーむデスク

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月9日号

お問い合わせ

外部リンク