逗子・葉山版 掲載号:2017年7月7日号 エリアトップへ

「ワールドゲームズ2017」パワーリフティングに日本代表(74kg級)として出場する 大谷 憲弘さん 逗子市小坪出身 37歳

掲載号:2017年7月7日号

  • LINE
  • hatena

限界は超えられる

 ○…ベンチプレス、スクワット、デッドリフト。3種目でバーベルを持ち上げ、最重量の合計を競う「パワーリフティング」。4年に一度、「もう一つの五輪」とも称されるワールドゲームズに初出場を決めた。世界選手権の上位入賞者だけが出場できる、名実ともに「世界一の力持ち」を決める頂上決戦。「上位を目指すのはもちろん、種目別の世界記録も狙いたい」。大舞台を前に、いやが上にも戦意が高まるのを感じている。

 ○…スクワットでは307・5kgの日本記録を持ち、全日本選手権でも3連覇中の国内では敵なしの存在だ。1週間後には4連覇をかけた全国大会が控える。そんな”最強”をして、ワールドゲームズの出場は8年越しの悲願。5年前、プエルトリコで行われた選考を兼ねた大会では、出だしの競技で失格し、あえなく出場権を逃した。「地球の裏側にまで来て、自分は何をやっているんだ」。やり場のない悔しさがこみ上げたが、その後は失敗を糧に身体づくりから見直した。つぶさに改善点を洗い出し、日々の練習に活かすと結果に結び付くように。自己ベストも次第に伸びていった。

 ○…学生時代から生粋のスポーツマン。サーフィン、水泳、空手。時間さえあれば身体を動かしていた記憶を辿り、「高校のとき過労で入院したこともある」と笑う。パワーリフティングの出会いは20代半ばにトレーニングの一環として取り入れて。努力した成果が目に見えて数字や体つきに表れる、そんな面白さに魅せられていった。

 ○…いかに重いバーベルを持ち上げられるか。競技の根本はいたってシンプルだ。そこに言葉や文化の壁はなく、「世界中の誰にとっても1kgは1kg」。対戦相手はいわば自分自身。昨日できなかったことが不意に今日できるようになる。そんな成長の瞬間が一番のやりがいだ。最終的に見据える目標は世界の頂点。「限界は誰にでも超えられる」。その体現者として、海を渡る。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

戸張 雅仁さん

今年度創立40周年を迎えた葉山ロータリークラブの会長を務める

戸張 雅仁さん

逗子市久木在住

7月23日号

中村 慈英(じえい)さん

逗子サーフライフセービングクラブの監視長を務める

中村 慈英(じえい)さん

東京都在住 23歳

7月9日号

小林 三千世さん

神奈川県行政書士会鎌倉支部の支部長に就任した

小林 三千世さん

鎌倉市在住 56歳

6月25日号

愛(あい) 良人(ながと)さん

まんぷくカーニバルで「本部長」を務める

愛(あい) 良人(ながと)さん

逗子市在勤 42歳

6月11日号

南田 幹太(なんだ かんた)さん

児童文学作家でデビュー作を出版した

南田 幹太(なんだ かんた)さん

逗子市在住 58歳

5月28日号

佐野 正子さん

バッグブランドSYMPOSIONを立ち上げた

佐野 正子さん

葉山町在住

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter