逗子・葉山版 掲載号:2017年7月21日号 エリアトップへ

葉山巨人軍出身、金満さん(17) 侍ジャパン女子代表に 9月、香港アジア杯出場へ

スポーツ

掲載号:2017年7月21日号

  • LINE
  • hatena
高校では正捕手、4番打者を務める金満さん
高校では正捕手、4番打者を務める金満さん

 「金メダル狙いたい」。

 葉山町を拠点に活動する少年野球チーム「葉山巨人軍」出身の金満梨々那(りりな)さん(17)が9月、香港で初開催される「第1回BFA女子野球アジアカップ」に出場する「侍ジャパン女子代表」に選ばれた。アジア杯は2018年開催の女子野球ワールドカップの予選を兼ねており、編成された18歳以下20人の一員として、初代チャンピオンを目指す。

 金満さんは横須賀市の出身。2つ上の兄の影響で野球を始め、現在は女子硬式野球部のある開志学園高校(新潟県)に所属している。ポジションは捕手。強肩と長打力が持ち味で、初めて日の丸を背負うことに「緊張するけど、金メダルを狙いたい」と意気込む。

 本格的に野球にのめり込んだのは小学5年生のとき、元読売巨人軍投手の宮本和知さん(53)が総監督を務める葉山巨人軍に入団して。「荒削りながら、潜在能力は男子を含めて同世代でピカイチだった」。宮本さんが評する通り、めきめきと頭角を現し、チームの柱に。1984年ロス五輪で金メダルを獲得した経験がある宮本さんは「日の丸を背負えることはめったにない経験。誇りを持って戦ってきてほしい」とエールを送る。

 中学時代は神奈川や東京で活動するクラブチーム「オール京急」に所属。高校では1年秋からレギュラーを獲得し、正捕手、打撃では4番と攻守ともに要を務めている。

 初めて臨む大舞台だが、その先に見据えることがある。侍ジャパン女子代表は現在ワールドカップ5連覇中で世界ランキング首位に立つ。その快進撃で競技人気はにわかに高まっているものの、競技人口自体はまだまだ少ない。自分のプレーを通じ、日本で女子野球の裾野を広げていくことが将来的な目標だ。「今回の大会でしっかり活躍して、女子野球をもっと盛り上げたい」と躍進を誓った。
 

元読売巨人軍投手の宮本和知さん(右)と=南郷上ノ山公園
元読売巨人軍投手の宮本和知さん(右)と=南郷上ノ山公園

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

家族の姿あぶり出す

家族の姿あぶり出す 文化

逗子市在住 喜多さん新作

11月15日号

「子どもの未来に役立てて」

ずし呑み実行委

「子どもの未来に役立てて」 社会

市内3団体に寄付

11月15日号

花の木公園で譲渡会

花の木公園で譲渡会 文化

獣医師による講義も

11月15日号

思い出話に花咲かす

思い出話に花咲かす 社会

沼間中でカプセル開封

11月15日号

「首里城再建できることを」

「首里城再建できることを」 社会

沖縄まつり実行委

11月15日号

逗子中生の研究展示

理科ハウス

逗子中生の研究展示 教育

工夫や過程辿る

11月15日号

逗子の魅力カレンダーに

逗子の魅力カレンダーに 社会

市観光協会で販売中

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク