逗子・葉山版 掲載号:2017年8月25日号 エリアトップへ

逗子高3年早川さん 女子個人で全国準優勝 高文祭・囲碁部門で

文化

掲載号:2017年8月25日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手にほほえむ早川さん(=7日、逗子高校)
賞状を手にほほえむ早川さん(=7日、逗子高校)

 県立逗子高校3年の早川詩乃さん(17)=葉山町一色=がこのほど宮城県で開催された「第41回全国高等学校総合文化祭」の囲碁部門女子個人戦で準優勝を果たした。頂点まではあと一歩及ばなかったものの、高校生活の集大成として臨んだ大舞台で有終の美を飾り、「結果が出せたことは素直に喜びたい」と晴れやかな笑みを浮かべた。

*  *  *

 大会は男女それぞれの個人戦と混合の団体戦の3部門が開かれ、各都道府県の代表が出場。6回対局し、勝ち星が同じ場合、対戦相手の勝ち数の合計が多い方が上位に入るスイス方式で競い合った。

 早川さんは3年連続の出場。2勝して迎えた3回戦、先月行われた文部科学大臣杯全国高校囲碁選手権の優勝者を相手に序盤のミスが響き、苦杯を喫するも、その後は気持ちを切り替えた。4回戦からは危なげない展開で勝利を収め、結果5勝1敗。昨年の9位から大きく躍進した。「一度負けたことで、いい意味でふっきれた」と振り返る。

 競技を見守った顧問の藤井光葉教諭は「劣勢でも冷静に粘り強く自分の碁を打ち続けた。昨年の大会のときより一回り大きくなって、見ていて頼もしさを感じた」

 4歳で囲碁を始め、プロ棋士の指導を受けながら腕を磨いてきた。最後の全国大会で結果を出せたことに「先生や応援してくれた周りの人たちが喜んでくれたことが何より嬉しい」。現在は大学進学を控え、受験勉強の最中。「大学生になっても囲碁は続けたい。学生選手権で優勝するのが、今後の目標」と抱負を語った。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

遭難防止の標識設置

遭難防止の標識設置 社会

トレイルラン愛好者ら

7月10日号

ともに学ぶ仲間を支援

ともに学ぶ仲間を支援 教育

困窮学生へ食料届ける

7月10日号

温水プール再開

温水プール再開 社会

逗子市民交流センター

7月10日号

コロナ禍の奉仕模索

コロナ禍の奉仕模索 社会

逗子ロータリークラブ

7月10日号

自宅で気軽に体操を

自宅で気軽に体操を 社会

シニアライフ振興財団が動画を配信

7月10日号

地域の混雑 ウェブで紹介

神奈川県

地域の混雑 ウェブで紹介 社会

感染防止ブックも公開

7月10日号

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク