逗子・葉山版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

逗子文化プラザ 能楽でプロと共演 「囃子方合奏団」を募集

文化

プロの囃子方が指南
プロの囃子方が指南
 日本の伝統文化、能楽の魅力に親しんで――。

 逗子文化プラザホールでは、能の中でも演奏を担う「囃子方」を体験するプログラムの参加者を募集している。小鼓(こつづみ)・太鼓(たいこ)・大鼓(おおつづみ)・笛(能管)の中から好きな楽器を選び、10月から月2回の稽古で練習。来年2月には実際にプロの能楽師と共演する発表会も行われる。

 講師を務めるのは栗林祐輔さん(笛)、田邉恭資さん(小鼓)、柿原光博さん(大鼓)、梶谷英樹さん(太鼓)。重要無形文化財総合指定保持者などいずれもその道の大家揃いで、本格的な囃子方を子どもから大人まで体験できる。

 参加対象は小学生以上で、募集人数は12人(申込者多数の場合抽選)。料金は8千円(楽器借用費用込み)。持ち物は白足袋。稽古日は10月から来年2月まで毎月2回ずつ、計10回で、時間は各日午後6時30分から8時30分(講師の都合により変更の場合あり)。発表会は来年2月24日(土)逗子文化プラザホールで開催される。

 申込み締切りは9月15日(金)。参加に関する問合せは同プラザ【電話】046・870・6622

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

田越川の魚105種報告

14年間の活動成果、冊子に

田越川の魚105種報告

2月9日号

親子と地域、つなぐ場に

久木小住民協

親子と地域、つなぐ場に

2月9日号

広報コンクールで最優秀賞

逗子市

広報コンクールで最優秀賞

2月9日号

「福は内!」掛け声響く

茶の湯の心、読み解く

山口蓬春記念館

茶の湯の心、読み解く

2月9日号

木管五重奏の響き

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月9日号

お問い合わせ

外部リンク