逗子・葉山版 掲載号:2017年10月20日号 エリアトップへ

「誰でも自由に手に取って」 住宅街に小さな”図書館”

社会

掲載号:2017年10月20日号

  • LINE
  • hatena
自宅先に「リトル・フリー・ライブラリー」を設置した宮地さん(=10日、久木)
自宅先に「リトル・フリー・ライブラリー」を設置した宮地さん(=10日、久木)

 久木の住宅街の一角に先月末、小さな無人図書館がオープンした。図書館、といっても屋外に設置された木製の木箱。3丁目在住の宮地藤雄さん(38)が自宅先に手作りした「リトル・フリー・ライブラリー」だ。本は誰でも自由に借りることができ、返却期限もない。宮地さんは「読書の面白さを多くの人に伝えるきっかけになれば」と話している。

 本箱は約30センチ角。配架されている本はすべて宮地さんの蔵書で、司馬遼太郎や村上春樹、伊坂幸太郎などの小説から専門書まで20冊ほどが並ぶ。

 トレイルランナーで海外にも遠征する宮地さん。今年8月に米コロラド州を訪れた際、民家の軒先に設置されている本箱に目がついた。米国では街角文庫として普及している運動ということを知り、「自分もやってみたい」と帰国後、見よう見まねで自作した。

 ルールは一つ。「読んだら返すこと」。自宅前が通学路なこともあり、開設から1カ月ほどで徐々に利用も増えており、特に子ども向けの本が人気という。「本が戻ってきたり、位置が変わっていたり、本箱を覗くのが楽しみ」と宮地さん。

 気軽に本が手に取れる場所を作り、読書の楽しみを伝えるだけでなく、活動そのものを広げたい思いもある。「本箱が地域にいくつもできて、いずれまちの風景の一部になったら」

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

4氏による争いか

次期衆院選

4氏による争いか 政治

神奈川4区 情勢分析

2月19日号

オンラインでの催し続々

オンラインでの催し続々 文化

市民交流センター企画

2月19日号

あの日の熱気 映像で

あの日の熱気 映像で 文化

逗子市民劇団なんじゃもんじゃ

2月19日号

年間最年少王者に

年間最年少王者に スポーツ

プロウインドサーファー杉さん

2月19日号

地域防災ともに考える

地域防災ともに考える 社会

来月11日に講演会

2月19日号

販促マスクケースが話題

販促マスクケースが話題 社会

テイクアウトメニュー付も

2月19日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    2月5日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク