逗子・葉山版 掲載号:2017年10月20日号 エリアトップへ

逗子開成中 被災想定し避難生活体験 2泊3日で防災合宿

社会

掲載号:2017年10月20日号

  • LINE
  • hatena
ビニール袋と新聞紙で簡易布団を作る生徒ら
ビニール袋と新聞紙で簡易布団を作る生徒ら

 逗子開成中学校・高等学校(高橋純学校長)で大地震や津波による被災を想定した防災教育プログラムが5日から3日間行われた。中学2年の約280人が参加。体育館で避難生活を体験するなどし、生徒らは防災への意識を高めた。

 逗子海岸からほど近い同校校舎は津波避難ビルに指定されている。東日本大震災時には生徒や近隣住民など約500人が避難した。同校では毎年津波避難訓練を実施しているが、生徒らに災害時に協力することの大切さや避難生活の大変さを学んでもらおうと、「TS(Team Synergy)キャンプ」と銘打った合宿を初めて実施した。

 2日目は、生徒らが避難場所や経路を確認する「防災まち歩き」や「ジュニア防災検定」を受験。講師を務めた(社)防災住宅研究所の児玉猛治さんから「災害時は電気も水道も使えず、普段は当たり前のことが出来なくなる。身の回りの物をいかに上手に使うかも避難生活では重要」などと説明を受け、夜はビニール袋と新聞紙で簡易布団を作り、段ボールの上で一夜を明かした。参加した荒川豪さん(13)は「床が硬くてあまり眠れないし、疲れも取れなかった。避難生活の辛さが分かった」、太田岳陽さん(同)は「実際はもっと大変だと思う。今回学んだことを、家族や周りの人と共有したい」と振り返っていた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

4氏による争いか

次期衆院選

4氏による争いか 政治

神奈川4区 情勢分析

2月19日号

オンラインでの催し続々

オンラインでの催し続々 文化

市民交流センター企画

2月19日号

あの日の熱気 映像で

あの日の熱気 映像で 文化

逗子市民劇団なんじゃもんじゃ

2月19日号

年間最年少王者に

年間最年少王者に スポーツ

プロウインドサーファー杉さん

2月19日号

地域防災ともに考える

地域防災ともに考える 社会

来月11日に講演会

2月19日号

販促マスクケースが話題

販促マスクケースが話題 社会

テイクアウトメニュー付も

2月19日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    2月5日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク