逗子・葉山版 掲載号:2017年11月17日号
  • LINE
  • hatena

11日から点灯が始まった東逗子イルミネーションの実行委員長を務める 矢島 明さん 逗子市沼間在住 59歳

光の饗宴、地域の活力に

 ○…3、2、1、点灯―。観客が声を揃えると、広場中のモニュメントが一斉に色とりどりの光で彩られた。今年は準備期間に台風や悪天候が続き、点灯式の間際まで作業に追われた。「無事に点いてほっとした。開催できるのは、皆さんの支えがあってこそ」と感謝が口をつく。飾りきれなかった分はこれから取り付けていくが、「そこは”進化するイルミネーション”ということで」といたずらっぽい笑みを浮かべた。

 ○…広場の入口にそびえる15mのヒマラヤ杉。「あれをクリスマスツリーにしたら面白いんじゃないか」。きっかけは商店主仲間の一言からだった。冬場の閑散期に少しでも地域に賑わいを生み出そう。そんな思いから不要な電飾を持ち寄ったり募ったりし、1回目を開催。当初はわずかだった電飾も数年前には国の補助金を得て、今や14万球に。冬の風物詩として、点灯期間中には市の内外から人が訪れる一大イベントに成長した。準備にかかる手間は増えたが、来場者がカメラやスマートフォンを片手に「綺麗だね」「すごいね」と喜んでくれる。それが何よりのねぎらいだ。

 ○…生まれも育ちも沼間。半世紀以上に渡って、まちの移り変わりを見つめてきた。「ここは貸本屋さんで、こっちは瀬戸物屋さんで」。かつては様々な店が立ち並び、賑わっていた往来も衰退を辿り、生活の風景は一変した。時代の流れかもしれない。でも、悲観するだけでは何も生まれない。人を呼び込むために何ができるか。イルミネーションはその答えのひとつでもある。

 ○…駅前広場の再開発や病院誘致。東逗子はこれから転換期を迎えつつある。「だから自分たちが変わらないと」。まちおこしの機運を高めるために、より多くの人に地域のイベントに携わってもらうことが目下の課題。商店主として長年商いをしてきた、地域への恩返しでもある。「まずは下の世代を引っ張り上げること。それは僕の役目かな」

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

前田 和則さん

湘南演劇塾を主宰する

前田 和則さん

12月14日号

横井 ゆうこさん

漆造形作家として活躍する

横井 ゆうこさん

11月30日号

川村 耕士さん

湘南石鹸の代表を務める

川村 耕士さん

11月16日号

金子 ケニーさん

プロのSUPレーサーとして活躍する

金子 ケニーさん

11月2日号

中西 豪さん

起業家で逗子葉山ベンチャー協会を立ち上げた

中西 豪さん

10月19日号

尾崎 元彦さん

「ゲンズブルー」の名でウクレレプレーヤーとして活躍する

尾崎 元彦さん

10月5日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月14日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク