逗子・葉山版 掲載号:2017年12月1日号 エリアトップへ

新年の幸福願い 山口蓬春記念館で初冬展

文化

掲載号:2017年12月1日号

  • LINE
  • hatena
《古赤絵牡丹文瓢形瓶》 景徳鎮窯 中国・明時代
《古赤絵牡丹文瓢形瓶》 景徳鎮窯 中国・明時代

 近代日本画家の大家として知られる山口蓬春(1893─1971)が晩年を過ごした「山口蓬春記念館」(一色2320)であす12月2日(土)から初冬収蔵品展が始まる。「めでたきは蓬春邸―吉祥文の魅力」と題し、蓬春による作品やコレクションを一挙展示する。来年2月4日まで。

 「吉祥」はめでたい、よいことの兆しの意。吉祥文は美術品のなかでもとりわけ人気が高く、工芸品全般や画題としても好まれた。新年を迎えるにあたり、同展では幸福への願いを込めた「めでたさ」をテーマに、蓬春作品を吉祥的な視点でその魅力を見直すほか、蓬春が愛蔵した日本や中国、朝鮮の絵画や陶磁器などを通して吉祥文に込められた意味を紹介する。

 会期中は蓬春が暮らした当時の庭園の様子や建築家、吉田五十八が手掛けたアトリエを学芸員が紹介する邸園ツアー(12月9日)や展示の見どころの解説(1月13日)もある。

 開館は午前10時から午後5時(入館4時30分まで)。月曜休館。入館料は一般600円。問合せは同館【電話】046・875・6094

本まぐろ直売所

12/4・5は13周年感謝セール、毎月第2・4土日は特売日!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

フレスコボールで繋がり強化

フレスコボールで繋がり強化 社会

沼間3丁目自治会

12月3日号

市民の憩いの場を整備

逗子市商工会青年部

市民の憩いの場を整備 社会

12月3日号

題材に込めた意味探る

山口蓬春記念館

題材に込めた意味探る 文化

「吉祥」コレクション展示も

12月3日号

海洋プラ園児と考える

海洋プラ園児と考える 教育

かぐのみ幼稚園で催し

12月3日号

「学生たちに食料を」

「学生たちに食料を」 社会

クリスマスイブに受付

12月3日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook