逗子・葉山版 掲載号:2017年12月15日号 エリアトップへ

「逗子アカモクプロジェクト実行委員会」の実行委員長を務める 神戸(かんべ) 悠太さん 逗子市逗子在住 36歳

掲載号:2017年12月15日号

  • LINE
  • hatena

アカモクは世界を救う

 ○…来年3月に予定されるアカモクを使ったグルメイベント。これに先駆け、イメージキャラクターを作ってはどうかと発案した。考えた設定は、おとぎ話を土台に逗子の海に暮らす妖怪が同じ海の仲間を助けるために立ち上がる物語。イベントのためのみならず、「伝えたいのは海の大切さ。声高に叫ぶより、その方が子どもたちも目を向けてくれる」。そんな思いを込めた。

 ○…新潟県の出身。故郷と同じ海に近い環境で暮らしたいと5年前、逗子でおでん酒場を開業した。アカモクを初めて口にしたのは越して間もない頃。地元漁師から勧められた食材はそれまでは見たこともなかったが、しゃきしゃきとした食感にほのかな磯の香り。何より安くて旨いことに「こんな食材があるのか」と驚いた。おでんのたねとして店で提供すると珍しさも手伝って、瞬く間に人気の定番メニューのひとつに。今年は収穫シーズンに仕入れた約200kgが完売した。

 ○…繁忙期は営業や仕込みで帰りが明け方になることもしばしば。合間をぬって、商工会青年部や商店街の会合にも積極的に参加する。多忙を極める日々に「本当は逃げたいんですけど」と苦笑いするが、「まずはやってみる」が信条。原動力を問われると「いつか自分の子どもに『こんなことをやったんだぞ』って言いたくて」。照れくさそうに語る表情に父親の顔がのぞく。

 ○…「アカモクは世界を救う」が密かなキャッチフレーズ。かつて厄介者だった海藻は、今や生活習慣病予防や美容にも効果があるとされる注目食材になった。人が健康になれば、街が元気になる。地元漁業の活性化や、郷土食として広まれば人々がまちに誇りを持つきっかけにもなるかもしれない。「そのために、まずは逗子の皆さんに食べてもらうこと」。グルメイベントは仕掛けの第一弾。収穫体験や料理教室など、温めている構想はまだまだある。アカモクの持つ無限の可能性を追いかけていくつもりだ。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

長峰 宏治さん

逗子市内で様々な企画をプロデュースしている

長峰 宏治さん

逗子市在住 46歳

10月18日号

清岡 優子さん

バイオリニストで「デュオハヤシ国際コンクール」で優勝した

清岡 優子さん

逗子市久木在住 37歳

10月4日号

田嶋 博雄さん

(一社)逗葉医師会の会長に就任した

田嶋 博雄さん

逗子市在住 71歳

9月20日号

松苗 幸希さん

セーラーとして東京五輪を目指している

松苗 幸希さん

葉山町在住 33歳

9月6日号

箕輪 亮佑さん

スペインセーリングチームの市民応援団で活躍する

箕輪 亮佑さん

小坪在住 23歳

8月23日号

尾前 芳樹さん

逗子・葉山コミュニティ放送株式会社の代表取締役社長に就任した

尾前 芳樹さん

横須賀市秋谷在住 55歳

8月9日号

梶川 精二さん

(公社)鎌倉法人会の会長に就任した

梶川 精二さん

葉山町下山口在住 68歳

7月26日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク