逗子・葉山版 掲載号:2017年12月15日号 エリアトップへ

葉山町消防本部 若手確保へ認証制度 学生消防団員の就職支援

社会

掲載号:2017年12月15日号

  • LINE
  • hatena

 葉山町消防本部は今月1日から、消防団活動に取り組む大学生らを対象に証明書を交付する「学生消防団活動認証制度」を導入した。若手消防団員の確保を図る一方、学生側にも就職活動で社会貢献した実績を企業へのPRに役立ててもらう。三浦半島内で同制度の導入は初めて。

 認証制度は若手団員を増やし、地域の防災力を高めてもらおうと国が全国の自治体に推奨しているもの。県内では横浜や川崎、相模原市などでも行われている。

 対象は町内在住の大学や大学院、専門学校などの在学生か卒業後3年以内の人。消防団員として1年以上継続的に活動を行い、一般団員と同様に火災や災害、訓練などに出動した場合に、団長や町長が参加日数や活動実績などを加味し、証明書を付与する。

 学生にとっては活動実績が就職活動の材料になることに加え、地域社会への貢献や防災・救命処置に関する知識や技術が習得できる。一方、企業側にとっても災害対応能力や、組織への適応能力が高い人材を確保できるメリットがある。

 同消防本部によると、12月1日現在、本団と分団を合わせた町内の消防団員数は179人(定数198人)。平均年齢は40・5歳で、学生の団員はいない。

 町消防団ではこれまでも入団促進に取り組んできたが、団員数は年々減少傾向にあり、今年4月の新入団員はゼロ。長期的な団員確保には若い人材が必要なことから、制度導入を決めた。町消防本部では「若い人たちに加わってもらうことで、消防団の活性化にも繋がれば」と期待している。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

やり投げ歴2年で全国へ

逗子高校渡辺さん

やり投げ歴2年で全国へ スポーツ

コーチ不在の逆境乗り越え

7月12日号

日本初「脱プラ」ビーチに

森戸海岸

日本初「脱プラ」ビーチに 社会

海の家で代替品使用

7月12日号

念願の直売所オープン

葉山町漁協

念願の直売所オープン 社会

毎週土日、地場産品並ぶ

6月28日号

市民へ協力呼びかけ

逗子海岸花火大会

市民へ協力呼びかけ 社会

リストバンドの販売開始

6月28日号

長柄小学校隣接地に計画

給食センター

長柄小学校隣接地に計画 政治

22年度の供用開始目指す

6月14日号

開始2カ月で一定の反応

逗子市空き家バンク

開始2カ月で一定の反応 政治

多様な利活用希望も

6月14日号

活用目指し修繕費募る

加地邸

活用目指し修繕費募る 社会

一般公開や民泊も視野

5月31日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク