逗子・葉山版 掲載号:2017年12月15日号 エリアトップへ

葉山町消防本部 若手確保へ認証制度 学生消防団員の就職支援

社会

掲載号:2017年12月15日号

  • LINE
  • hatena

 葉山町消防本部は今月1日から、消防団活動に取り組む大学生らを対象に証明書を交付する「学生消防団活動認証制度」を導入した。若手消防団員の確保を図る一方、学生側にも就職活動で社会貢献した実績を企業へのPRに役立ててもらう。三浦半島内で同制度の導入は初めて。

 認証制度は若手団員を増やし、地域の防災力を高めてもらおうと国が全国の自治体に推奨しているもの。県内では横浜や川崎、相模原市などでも行われている。

 対象は町内在住の大学や大学院、専門学校などの在学生か卒業後3年以内の人。消防団員として1年以上継続的に活動を行い、一般団員と同様に火災や災害、訓練などに出動した場合に、団長や町長が参加日数や活動実績などを加味し、証明書を付与する。

 学生にとっては活動実績が就職活動の材料になることに加え、地域社会への貢献や防災・救命処置に関する知識や技術が習得できる。一方、企業側にとっても災害対応能力や、組織への適応能力が高い人材を確保できるメリットがある。

 同消防本部によると、12月1日現在、本団と分団を合わせた町内の消防団員数は179人(定数198人)。平均年齢は40・5歳で、学生の団員はいない。

 町消防団ではこれまでも入団促進に取り組んできたが、団員数は年々減少傾向にあり、今年4月の新入団員はゼロ。長期的な団員確保には若い人材が必要なことから、制度導入を決めた。町消防本部では「若い人たちに加わってもらうことで、消防団の活性化にも繋がれば」と期待している。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

今月末に解除の見通し

小坪隧道通行止め

今月末に解除の見通し 社会

台風15号の爪痕残る

9月20日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

逗子の空気感一冊に

地元在住編集者夫妻

逗子の空気感一冊に 文化

スペインチームにプレゼント

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク