逗子・葉山版 掲載号:2018年1月26日号
  • googleplus
  • LINE

「なぎさマンドリンアンサンブル」の指揮・編曲を手がける 石渡 勝さん 逗子市桜山在住 57歳

聴衆楽しませる音楽を

 ○…高く澄んだ音色が特徴のマンドリン。年に一度の演奏会が今年もやってくる。昨年は発足10周年を迎え、会場を小ホールから約550人収容する大ホールに移しての再スタート。「果たしてお客さんは来てくれるだろうか」との杞憂をよそに、満員御礼の大盛況を収めた。練習も佳境に入り、仕上がりは上々。今回も映画音楽や叙情歌など聞き馴染みのある楽曲をふんだんに取り入れた。モットーは何より、聴衆を楽しませること。これに尽きる。

 ○…楽器との出会いは高校生のとき。当時一世を風靡した狩人の「あずさ2号」の導入に使われていた美しい音色に魅了され、大学からクラブで本格的に演奏活動を始めた。ただ当時演奏していたのはクラシック曲がほとんど。演奏にもどこか「格式の高さ」のようなものがついて回る気がして心の隅に疑問を感じていた。だが、あるとき文化祭で松田聖子や八神純子のポピュラー曲を演奏して気が付いた。「お客さんの反応が全く違う。楽しんでくれているのが分かった」。元を辿ればマンドリンは民族楽器。何を演奏するかより、大事なのは何を伝えたいか。その思いが今の原型になった。

 ○…大学時代から編曲や指揮に携わり、現在はオリジナル曲の作曲のほか、のべ2千曲近くの編曲を手掛ける。40数年来、マンドリンに携わってきたが、それらはほぼ独学。「才能があるわけじゃない。ただ、長くやっていると身につくものはある」。しみじみ語る姿は、長年情熱を傾けてきたからこそのものだ。

 ○…今回の定期演奏会で披露するのは、自らが作曲した「天頂のオリオン」を含む約15曲。第2部では、観客に一緒に歌ってもらう叙情歌2曲も設けた。畏まるのではなく、客席も交えながら一つの舞台を作り上げるのが、なぎさマンドリンアンサンブルの真骨頂。「きっとお客さんに喜んでもらえる」。今年もメンバー一丸に、息の合った美しい音色を会場に響き渡らせる。

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

吉田 雅南子さん

史上最年長42歳でプロサーファーになった

吉田 雅南子さん

9月21日号

金子 昌司さん

ニホンミツバチの養蜂を通じ、葉山の環境改善に取り組む

金子 昌司さん

9月7日号

森 幸夫さん

逗子、葉山、鎌倉の2市1町を管轄する鎌倉税務署長に就任した

森 幸夫さん

8月24日号

堤崎 良子さん

徳之島の特産品を扱う「島の八百屋さん」を営む

堤崎 良子さん

8月3日号

山本 由夫さん

逗子ロータリークラブの第58代会長に就任した

山本 由夫さん

7月20日号

平井 寿奈(じゅな)さん

逗子サーフライフセービングクラブのメンバーで女性初の監視長を務める

平井 寿奈(じゅな)さん

7月6日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク