逗子・葉山版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

「福は内!」掛け声響く

文化

「福の神」を求める多くの来場者で賑わう境内(=3日、亀岡八幡宮)
「福の神」を求める多くの来場者で賑わう境内(=3日、亀岡八幡宮)
 節分の3日、逗子や葉山の各地でも豆まきなどの行事が行われ、1年の無病息災や招福を願う市民らで賑わった。

 逗子の亀岡八幡宮では食品や生活用品と交換できる「福の神」が振る舞われるのが人気で、今年も境内には大勢の参拝客が詰めかけた。同社では「福は内」を2回、「鬼は外」を1回繰り返すのが習わし。壇上にあがった年男や年女らが、掛け声とともに紙袋をまくと、訪れた人は空を舞う福をつかもうと懸命に手を伸ばしていた。

 久木在住の5歳の女の子は「豆が取れて嬉しかった」と笑顔を見せていた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク