逗子・葉山版 掲載号:2018年2月23日号
  • LINE
  • hatena

本番前最後の練習に熱 囃子方合奏団が初の演奏会

文化

今月14日に行われた練習の様子
今月14日に行われた練習の様子

 能の「お囃子」に焦点をあて、音の意味やその魅力を知ってもらおうというコンサート「逗子和奏楽会お囃子コンサート〜聴く能狂言」があす2月24日(土)、逗子文化プラザなぎさホールで開催される。

 今回の目玉の一つが、一般公募によって結成された囃子方合奏団による演奏の披露。メンバーは小学生から70歳代までの24人で、全員が初心者だ。笛、小鼓、大鼓、太鼓のパートに分かれ、それぞれ第一線で活躍する演奏者の指導のもと、昨年10月から10回にわたって練習を積んできた。

 今月14日には、本番前最後の全体練習が同ホールで開催された。姉弟で参加し、太鼓を担当する中村瑠那さん(小学6年)は「かっこいいと思って参加した。叩いていると、すごく集中できて面白い」、拓斗くん(4年)は「本番で間違えないよう頑張りたい」と意気込んでいた。

 演目は素囃子「働」(囃子方合奏団)、舞囃子「鞍馬天狗」(逗子こども能)ほか。チケットは同ホールやスズキヤ逗子駅前店サービスカウンターで販売中。中学生以上1500円、小学生以下500円。

 申し込みや問い合わせは【電話】046・870・6622同ホールへ。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月22日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク