逗子・葉山版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

(PR)

「老け顔・疲れ顔の原因にアプローチ」―症例3万件を突破 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A 目元のクマ・たるみに注入治療

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena
佐々木直美院長
佐々木直美院長

 「最近、目元のクマ・たるみ・くぼみで疲れ顔に…」そんな方のための若返り術が「プレミアムPRP皮膚再生療法」。従来より更に進化した同治療法について聖心美容クリニック横浜院の佐々木直美院長に話を聞いた。

 Q 目のクマ・たるみが目立ち、疲れ顔が気になるように。注入治療の「プレミアムPRP皮膚再生療法」で改善できますか?

 A クマや目の周りのたるみの症状は年齢を重ねるにつれ、進行します。重度の場合、メスを使用して、たるみを切除する手術が必要な場合もありますが、症状が軽〜中程度であれば、ご自身の血液を使う「プレミアムPRP皮膚再生療法」で改善することが可能です。手術と比べて手軽なため、女性はもちろん、最近では施術を希望される男性も増えています。

 「PRP治療」は、血液から取り出した血小板成分(PRP)を皮膚組織内に注入することで組織の活性化をはかる若返り術です。当院で行っている「プレミアムPRP皮膚再生療法」は、PRPに適量の成長因子を加えることで、これまで効果が安定しにくかった目の下のクマ・たるみ、口のまわりのシワ(ほうれい線)・首のシワ・手の甲、また深いシワも改善可能な治療法となっています。

 従来施術では1回の注入で効果が約1年だったのに対し、同治療法では1回の注入で3年以上効果が持続し、6年経過しても良い状態の方も(個人差あり)。10代から90代まで幅広い年齢層の人が受けています。来院時、ご自分と似た症例写真などをお見せすることも可能です。当院ではのべ3万7013件の治療実績があり、同治療に関する医学研究論文も発表しています(米国形成外科学会の医学誌「PRS」Vol.136号に掲載)。

聖心美容クリニック

横浜市神奈川区鶴屋町2‐24‐1谷川ビルANNEX7F

TEL:0120-488-505

https://www.biyougeka.com

逗子・葉山版のピックアップ(PR)最新6

専門家に聞いてみる

士業スペシャリスト×ウスイホーム

専門家に聞いてみる

不動産・相続対象の個別相談会

6月24日号

「認知症=もの忘れ」は誤解

神歯大附属病院

「認知症=もの忘れ」は誤解

正しく理解が治療の第一歩

6月24日号

「子どもにも在宅で必要な歯科医療を」

小児訪問歯科診療を開始

「子どもにも在宅で必要な歯科医療を」

取材協力/葉山こどものための歯医者さん

6月24日号

お腹の音を聴こう

お腹の音を聴こう

関東学院大で体験型プログラム

6月24日号

梅雨は天井・壁のシミに注意

梅雨は天井・壁のシミに注意

「雨漏り」前に対処を

6月24日号

「聞こえの不安を感じたら」

めがねの荒木 逗子店

「聞こえの不安を感じたら」

補聴器相談会6月26日まで

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook