逗子・葉山版 掲載号:2018年3月9日号
  • LINE
  • hatena

逗子市 神武寺トンネルの通行再開 今月末まで日中は片側通行

社会

平井市長や吉田一長逗子警察署長らが開通式に参加した
平井市長や吉田一長逗子警察署長らが開通式に参加した
 2016年11月から工事が行われていた神武寺トンネルで車両の通行が再開した。2月28日には開通式が行われ、平井竜一市長らが参加した。関係者は「地域住民の利便性向上に繋がれば」と期待を込める。

 沼間5号神武寺トンネルは1966年、池子地区と沼間地区をつなぐトンネルとして、幅員6・8m、延長80・5mで開通した。

 周辺住民のほか池子小学校などの生徒らが通学路としても使うなど、多くの利用者がいた。しかし、人同士がすれ違うのも難しいほど歩道が狭く、整備を要望する声が多数寄せられていたという。

 工事は歩行者用通路を確保しながら進められ、歩道は0・6mから2mに、車道は1車線あたり2・4mから3・5mに拡幅。工事費は約8億8千万円だった。

 2月28日には開通式が行われ、平井竜一市長は「ようやく広くてきれいなトンネルができた。周辺地域の方にはご迷惑をおかけしたが、市の大きな財産になった」とあいさつ。全国の慣例に従い、トンネルの銘板は市長が揮毫した。

 照明の設置と道路復旧工事が残っており、工事の竣工は3月30日を予定している。それまでの間、午前9時から午後5時までは片側交互通行、夜間は全面通行が可能となる。

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

第4回定例会に7議案提出

葉山町

第4回定例会に7議案提出

11月30日号

全室スイートのホテルオープン

逗子マリーナ

全室スイートのホテルオープン

11月30日号

棚田の魅力全国に発信

海洋プラごみをアートに

かぐのみ幼稚園

海洋プラごみをアートに

11月16日号

議会改革で葉山モデル構築へ

来年度以降116事業縮小

逗子市

来年度以降116事業縮小

11月2日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月30日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月30日号

お問い合わせ

外部リンク