逗子・葉山版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

逗子花火大会 財政難で開催ピンチ 実行委設立 支援募る

経済

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena
協力を呼び掛ける実行委のメンバーら
協力を呼び掛ける実行委のメンバーら

 毎年10万人が訪れる逗子海岸花火大会の開催が、財政難による補助金の廃止で危ぶまれている。こうした状況を受け、市民有志や商店街関係者らは実行委員会を結成。例年通りの規模で6月1日の開催を目指し、資金集めを開始する。関係者は「1人でも多くの方にご協力いただき、みんなで花火大会を作っていきたい」と意気込んでいる。

 今月16日には平井竜一市長と「(仮称)みんなでつくる逗子海岸花火大会実行委員会」(桐ケ谷覚委員長)のメンバーが記者会見を開いた。

 平井市長は冒頭で、これまで市から出ていた1800万円の補助金が財政対策プログラムの一環で廃止された経緯を説明。「オール逗子でなんとか開催したい」と訴えた。

 実行委のメンバーで市商店街連合会の会長を務める丸山広宣さんは「花火を楽しみにしている方は市内外に大勢いる。目標金額は高いが、なんとか集めたい」と意気込みを語った。

有料席を設置

 実行委は補助金と同額の1800万円を目標に資金を集める。その目玉の一つが有料席の設置だ。これまで砂浜は全域無料だったが、海岸東浜に約4千の有料・協賛席を設け、全国のコンビニ等で販売する。また「サポーターズリストバンド」を1万個製作し、500円で市内の商店などで販売。売り上げの一部を運営費に充てる。インターネットで支援者を募る「クラウドファンディング」や「ふるさと納税」も活用する予定で、市内外からの協力を呼び込む。

 丸山さんは「市の財政はこれからも厳しいと聞いている。今回の挑戦で補助金に頼らない持続可能な花火大会の仕組み作りにもつながれば」と話している。支援の呼び掛けや当日の運営、警備、備品運搬等のボランティアも広く募集しているという。有料席やリストバンドなどについての詳細は順次、市のホームページや広報で発表される。問い合わせは市観光協会【電話】046・873・1111へ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

今月末に解除の見通し

小坪隧道通行止め

今月末に解除の見通し 社会

台風15号の爪痕残る

9月20日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

逗子の空気感一冊に

地元在住編集者夫妻

逗子の空気感一冊に 文化

スペインチームにプレゼント

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク