逗子・葉山版 掲載号:2018年4月6日号 エリアトップへ

鎮魂・献花ブースに支援集まる 募金は陸前高田「ハナミズキの会」へ

社会

掲載号:2018年4月6日号

  • LINE
  • hatena

 東日本大震災の発生から7年となった先月11日、「3・11ALL=逗子 Movement.Vol.7協議会」(堀江敏代表)が逗子駅前と東逗子ヨークマート前で鎮魂・献花ブースを設置した。復興支援を呼びかけたほか、絵馬の作成コーナーや絵本「ハナミズキのみち」の販売などを行った。

 震災発生時間の午後2時46分には1分間の黙とうを行い、犠牲者や今なお復興の途中にある被災地に想いを寄せた。

 震災発生後、陸前高田市の竹駒地区を中心に支援活動を行っている同会。今回寄せられた支援金は逗子駅前で29万774円、東逗子のブースで18万8779円となり、合計47万9553円だった。全額を「ハナミズキのみち」の会(淺沼ミキ子代表)に寄託する。

 「ハナミズキのみち」の会は、来夏に陸前高田市に設置される国営追悼・祈念施設から高台へ向かう一本道をシンボルロード(避難路)とし、ハナミズキを植樹しようと活動している。

 堀江代表は「今回も多くの方々にご支援いただき、逗子市の温かさを再認識させていただいた。植樹が終わった頃、バスツアーを組んで現地へ行くことができれば」と話していた。

震災発生時刻に黙とうを捧げた(齊藤晞今さん提供)
震災発生時刻に黙とうを捧げた(齊藤晞今さん提供)

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

国際村にレンタル農園

国際村にレンタル農園 経済

民間警備会社が開設

2月7日号

一緒に学んで食べよう

一緒に学んで食べよう 教育

今月26日 こどもの食卓

2月7日号

ショパンの響き堪能

ショパンの響き堪能 文化

豪華メンバーが集結

2月7日号

子どもの口の健康学ぶ

子どもの口の健康学ぶ 教育

歯の専門家が講演

2月7日号

吉祥の美 一堂に

吉祥の美 一堂に 文化

山口蓬春記念館

2月7日号

格闘技の魅力と半生 語る

格闘技の魅力と半生 語る スポーツ

葉山出身・在住の水垣さん

2月7日号

歌とピアノで祝う女性の日

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月7日号

お問い合わせ

外部リンク