逗子・葉山版 掲載号:2018年4月6日号 エリアトップへ

逗子海岸花火大会 有料席販売がスタート 開催向け準備進む

社会

掲載号:2018年4月6日号

  • LINE
  • hatena
第2回実行委員会の様子(上)募金箱の設置が進む
第2回実行委員会の様子(上)募金箱の設置が進む

 第61回逗子海岸花火大会の準備が進んでいる。有料席の販売が始まったほか、市や商店街関係者、市民有志からなる「みんなでつくる逗子花火大会実行委員会」は募金箱の設置や協賛金募集への協力を呼び掛けている。

 3月29日には第2回実行委員会が開かれた。桐ケ谷覚観光協会長は「今は住んでいないが、逗子出身という方から『地元のために』と早速寄付をいただいた。こうした方々の思いを大切に、準備を進めていきたい」とあいさつ。その後各部会から現状報告や意見交換が行われた。

協賛募る

 初めて海岸に設けられる有料観覧席の販売がFMヨコハマラジオショッピングでスタートした。詳細は【URL】http://shop.fmyokohama.co.jp/ec/へ。コンビニでの全国販売は4月上旬を予定している。

 また、逗子市ふるさと納税の返礼品に観覧席チケットが追加された。市外在住者限定だが2万円以上の寄附によって観覧チケットを返礼品として受け取ることができる。

 募金箱の設置は各商店街が中心となって進めている。作成した共通のシールを箱やペットボトルなどに貼ってもらい、すでに30店舗以上で設置されている。

 インターネット上で多数の人から支援金を募る「クラウドファンディング」のサイトは来週にもオープンするほか、サポーターズリストバンドは今月下旬には販売開始予定という。最新情報は市のホームページで確認できる。問い合わせは市観光協会【電話】046・873・1111へ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

今月末に解除の見通し

小坪隧道通行止め

今月末に解除の見通し 社会

台風15号の爪痕残る

9月20日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

逗子の空気感一冊に

地元在住編集者夫妻

逗子の空気感一冊に 文化

スペインチームにプレゼント

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク