逗子・葉山版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

逗子市花火大会 6月1日の開催決定 初設置の有料席も販売中

社会

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena
実行委員会のメンバーたち
実行委員会のメンバーたち

 逗子市の財政難による補助金カットで開催が危ぶまれていた第61回逗子海岸花火大会は、6月1日(金)に実施することが決まった。5月10日に開かれた実行委員会で決定された。

 カットされた1800万円を目標に、法人協賛や寄付、リストバンドの販売や有料席の販売で資金集めを行っている実行委。10日時点で法人協賛が目標を大きく上回っており全体でも1千万円に迫ることから、目途がついたと判断した。

 今回初めて設置される有料席の販売も引き続き行われている。実行委の1人は「ゆったり座って花火が見られるのはもちろん、有料エリア専用のトイレも設置するので、子どもや高齢の方も安心です」という。

 チケットは楽天チケッと【URL】https://ticket.rakuten.co.jp/のほか、スズキヤ逗子駅前店で販売中。

 問い合わせは市観光協会【電話】046・873・1111(内線286)へ。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

コロナ禍の教訓探る

コロナ禍の教訓探る 教育

逗子楽習塾が連続講座

1月7日号

千年続く農業とは

千年続く農業とは 社会

無農薬農家が登壇

1月7日号

子どもへの伝え方学ぶ

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

共生社会を推進

県内大学生

共生社会を推進 社会

活動報告で情報を共有

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook