逗子・葉山版 掲載号:2018年6月8日号
  • googleplus
  • LINE

葉山町一色第3町内会 1日丸ごと避難体験 炊き出しやテント宿泊も

社会

非常用炊出袋の体験も行った
非常用炊出袋の体験も行った
 炊き出しだけではなく、避難場所に実際に泊まってみよう―。そんなユニークな防災訓練が5月26日から27日にかけて、旧役場跡地で行われた。

 葉山町一色第3町内会(梶山悦子会長)が「防災キャンプ2018」と題し初めて企画したこのイベント。

 26日午前9時30分に震度5強の地震が発生した想定で、会員735世帯を対象に実施した。

 当日は炊き出しエリアや防災グッズの展示・販売コーナーなどが設けられ多くの会員が来場したほか、会場奥には5つのテントが設置され、25人が一夜を過ごした。梶山会長は「地面に小石が多く寝づらいなど、様々な改善点が見つかった。地域の防災意識向上につながるよう、今後の対策に生かしていきたい」と話していた。

安心のインプラント治療

3500本以上の症例実績は三浦半島屈指。横須賀中央駅徒歩4分

http://www.nagashima-dc.com/

<PR>

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク