逗子・葉山版 掲載号:2018年10月5日号
  • LINE
  • はてぶ

「ゲンズブルー」の名でウクレレプレーヤーとして活躍する 尾崎 元彦さん 横須賀市秋谷在住 54歳

自然体で紡ぐ癒しの音色

 ○…7月にリリースした最新アルバム『ウクレレげんさんぽ』が人気を集めている。自然の中でつま弾いた童謡を収録したこの作品。鳥の声や波の音とともに聞こえてくるその音色は聴く者を癒し、まるで大自然のなか、隣で弾いているかのような安心感をもたらす。「ドライブには向いていないかもしれませんが、忙しい毎日の中でほっと一息つける時間を提供できれば」と笑顔で語る。

 ○…葉山を中心に各地でウクレレ教室を主宰する傍ら、国内外で精力的にライブを行っている。ほかにも、舞台音楽の作曲や演奏、アーティストのプロデュースなど、多方面で活躍中だ。音楽に出会ったのは小学5年生の時。楽器はクラシックギターだった。「合唱祭の練習で友達がギターをかき鳴らした瞬間、これだと思いました」。その後、著名なギタリストのもとで練習を積み、一時期はプロのクラシックギタリストを目指していた。

 ○…高校卒業後、将来を考えていた時期に新たな目標である「演劇」を見つけた。専門学校で基礎知識を学び、仲間を得て10年間、役者として舞台に立った。「当時の仲間とは今も付き合いがあるし、充実した日々でした」と振り返る。

 ○…ウクレレを手にとったのは30歳を超えてから。実家に置いてあった1本を弾き、その音色に惹かれた。クラシックギターで培った技術でメキメキと上達し、超絶技巧を極めた時期もあった。しかし、険しい表情をしていた高齢者が穏やかになったり、子どもたちが泣き止むなど、ウクレレの音色が人を変える様子が思いを変えた。「いつの間にか自分ではなく、人のための表現を目指すようになっていた。人が喜んでいる姿を見るのが一番」。たどり着いた新たな境地で、これからも創作を続ける。

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

吉田 雅南子さん

史上最年長42歳でプロサーファーになった

吉田 雅南子さん

9月21日号

金子 昌司さん

ニホンミツバチの養蜂を通じ、葉山の環境改善に取り組む

金子 昌司さん

9月7日号

森 幸夫さん

逗子、葉山、鎌倉の2市1町を管轄する鎌倉税務署長に就任した

森 幸夫さん

8月24日号

堤崎 良子さん

徳之島の特産品を扱う「島の八百屋さん」を営む

堤崎 良子さん

8月3日号

山本 由夫さん

逗子ロータリークラブの第58代会長に就任した

山本 由夫さん

7月20日号

平井 寿奈(じゅな)さん

逗子サーフライフセービングクラブのメンバーで女性初の監視長を務める

平井 寿奈(じゅな)さん

7月6日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月5日号

お問い合わせ

外部リンク