逗子・葉山版 掲載号:2018年11月2日号 エリアトップへ

森川獅大(しおう)君 日本人初の世界王者に 足技競うストリートサッカー

スポーツ

掲載号:2018年11月2日号

  • LINE
  • hatena
デンマークでの大会の様子(了一さん提供)
デンマークでの大会の様子(了一さん提供)

 逗子市立久木中2年の森川獅大君(久木在住、13歳)が、8月にデンマークで開催された「ストリートサッカー」の世界大会(15歳以下の部)に出場し、初優勝した。この競技で世界王者になった初の日本人となった。森川君は「目標としていた結果なので、とても嬉しい」と笑顔で語る。

海外ではメジャー

 ストリートサッカーとは、直径約5メートルの囲いの中でボールを巧みに操り、技術を競うもの。大会によってルールは異なるが、今回は相手の足と足の間にボールを通す「股抜き」をするとそこで試合終了、決まらない場合はゴール数で勝敗を決めた。

 日本ではまだ知名度は低いものの、サッカーが盛んなヨーロッパや南米などでは、各地で定期的に大会が開かれている。

 今大会も同国の首都・コペンハーゲンの広場で行われ、市場に買い物に来た地元住民や観光客などが観戦。熱気に包まれていたという。森川君はこうした雰囲気に飲まれることなく、実力を発揮。安定してボールを保持する技術と、股抜きにこだわらず、ゴールを狙う作戦が功を奏した。

動画きっかけ

 森川君は小学1年生でサッカーを開始。4年生の時に国内のストリートサッカー選手で先駆的な存在の雨宮太也さんに出会い、のめり込んだ。

 その後、父・了一さんとともに毎日、約2時間特訓。その時参考にしたのが海外の選手がインターネット上にアップした動画だった。

 練習を重ね、自身の技の動画を公開すると、その技のレベルの高さからインターネット上でたちまち評判に。ヨーロッパなど各地で開かれる大会に招待されるようになった。これまで5回海外の大会に出場し、2回優勝した経験を持つ。

 現在フットサルのチームにも所属している森川君。「将来はストリートサッカーとフットサルの両方でプロになって活躍したい」と意気込んでいる。

専用のボールを手に、喜びを語る森川君
専用のボールを手に、喜びを語る森川君

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

3市町の可燃ごみ逗子で処理

3市町の可燃ごみ逗子で処理 政治

広域化実施計画素案が発表

12月13日号

「サンタがやってくる」

「サンタがやってくる」 経済

池田通りで特別企画

12月13日号

音楽が彩る午後のひととき

回顧 ずし・はやま2019

回顧 ずし・はやま2019 社会

〜紙面から振り返る今年の出来事〜

12月13日号

「ユニバーサル絵本親しんで」

「ユニバーサル絵本親しんで」 文化

来月18日 製作講座

12月13日号

初の「海街珈琲祭」に2千人

初の「海街珈琲祭」に2千人 文化

人気カフェには行列も

11月29日号

ALS患者が政策助言

ALS患者が政策助言 社会

共生社会実現へ県が委嘱

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク