逗子・葉山版 掲載号:2018年11月2日号 エリアトップへ

本番控え稽古に熱 市民劇団が来週末に公演

文化

掲載号:2018年11月2日号

  • LINE
  • hatena

 逗子市民劇団なんじゃもんじゃ(石井昭子代表)が第44回公演「ソウルマン」を11月9日(金)から3日間、逗子文化プラザさざなみホールで開催する。

 寂れた町のディスコを舞台に繰り広げられる人間模様を、1970年代後半から80年代前半のディスコミュージックにのせて披露する。

 先月27日には逗子小学校多目的室で稽古が行われ、本番さながらの緊張感でメンバーたちはセリフや動きを確認していた=写真。

 台本では登場人物は30人だがメンバーが足らず、昨年鑑賞した市民に声をかけるなどして新たに5人メンバーを増やした。それでも足らない分は役を減らすなど工夫し、24人で本番に臨む。

 石井さんは「舞台と観客席が一体となる演劇の楽しさを味わってほしい」と話している。

 公演時間は9日が午後7時30分から、10日が午後6時30分から(2時からの回は売り切れ)、11日が午前11時からと午後3時から。

 入場料は前売り2千円、当日2500円。申し込みや問い合わせは【電話】046・873・7529石井さんへ。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

国際村にレンタル農園

国際村にレンタル農園 経済

民間警備会社が開設

2月7日号

一緒に学んで食べよう

一緒に学んで食べよう 教育

今月26日 こどもの食卓

2月7日号

ショパンの響き堪能

ショパンの響き堪能 文化

豪華メンバーが集結

2月7日号

子どもの口の健康学ぶ

子どもの口の健康学ぶ 教育

歯の専門家が講演

2月7日号

吉祥の美 一堂に

吉祥の美 一堂に 文化

山口蓬春記念館

2月7日号

格闘技の魅力と半生 語る

格闘技の魅力と半生 語る スポーツ

葉山出身・在住の水垣さん

2月7日号

歌とピアノで祝う女性の日

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月7日号

お問い合わせ

外部リンク