逗子・葉山版 掲載号:2018年11月16日号 エリアトップへ

かぐのみ幼稚園 海洋プラごみをアートに 園児が作品制作進める

教育

掲載号:2018年11月16日号

  • LINE
  • hatena
プラスチック片を貼り付ける園児たち
プラスチック片を貼り付ける園児たち

 プラスチックごみの海洋汚染が深刻な問題となるなか、かぐのみ幼稚園(逗子市沼間、石井稔江園長)では、園児たちが海岸で拾ってきたプラスチック片を使ってアート作品を制作している。関係者は「この機会を通じて、自然や生き物たちへの愛情を育むことができれば」と話している。

 今年、創立70周年を迎えたことを記念して進められているこのプロジェクト。11月13日、恒例のバザーが開かれていた同園の一角には、長さ5メートルほどの絵が並び、園児たちが夢中で「何か」を貼っていた。これこそ、園児たちが夏休み期間中、逗子葉山の海岸などで拾い集めたプラスチック片だ。クジラやイカなど海の生き物が描かれた下絵に色とりどりのプラスチック片を貼っていくと、立体的で、鮮やかな作品が浮かび上がった。

保護者も参加

 「地球はみんなのもので、命はつながりあっていると伝えたかった」と狙いを話す石井園長。園児たちは逗子葉山の海岸を訪れたほか、アウトドアブランド「パタゴニア」から講師を呼び、海洋プラスチックごみの現状を聞いた。また、県立近代美術館で開催されていた「貝の道」展やしおさい博物館を見学したという。

 園児たちが集めたプラスチック片は保護者がひとつひとつ丁寧に洗って色分けし、園児たちが扱いやすいよう工夫した。また下絵はアーティスト活動をする保護者が描くなど、まさに園が一体となって取り組んでいる。

12月に展示

 同園では12月20日(木)、逗子文化プラザで創立70周年記念行事を予定しており、今回のアート作品も展示される予定だ。石井園長は「逗子葉山には素晴らしい自然がたくさん残っている。命の尊さとともに、その大切さを園児たちに伝えていきたい」と話していた。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

2年ぶり開設も対応苦慮

逗子海岸海水浴場

2年ぶり開設も対応苦慮 社会

22日から酒類提供停止要請

7月23日号

粗大ごみの処分方法変更

葉山町

粗大ごみの処分方法変更 社会

8月から一律350円に

7月23日号

イノシシ対策に本腰

逗子市

イノシシ対策に本腰 社会

横須賀市と共同実施

7月9日号

2年ぶりに海水浴場開設

葉山町

2年ぶりに海水浴場開設 社会

ルールと感染症対策を策定

7月9日号

基礎疾患ある人らへ接種開始

逗子市葉山町

基礎疾患ある人らへ接種開始 社会

留学や海外赴任にも対応

6月25日号

民間との対話で情報収集

葉山町給食センター

民間との対話で情報収集 教育

サウンディング型市場調査へ

6月25日号

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter