逗子・葉山版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

漆造形作家として活躍する 横井 ゆうこさん 葉山町堀内在住 52歳

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena

漆の可能性切り開く

 ○…古来から日本人の生活に密着してきた漆。「生命力が溢れている」と語るこの素材を使った作品を12月4日から、葉山町のまちづくり館で展示する。漆を紙にしみこませて焼くなど、独自の手法で表現の可能性に切り込んだ。「この機会に多くの人に見ていただければ」と語る。

 ○…愛知県出身。モノづくりに憧れて京都市立芸術大学に入学し、「漆聖(しっせい)」と呼ばれた人間国宝・松田権六の作品を見たことが大きな転機となった。「卵の殻で白を表現するなど、新鮮で美しかった。これはすごい仕事だと感動しました」と振り返る。その後、様々な表現方法を取り入れてきたが、漆という軸はぶれることがなかった。

 ○…卒業後は地元でアートスクールを主宰。1歳半から70歳代まで、幅広い年齢層にアートの楽しさを教えていた。並行して制作も続けていたが、「もっと自分の作品作りに打ち込みたい」と一念発起。鎌倉に移住を検討していたところ、観光客が多く条件も合わなかったため、葉山を選んだという。「それまでこの街のことは何も知らなかったけれど、選んで正解でした。豊かな自然や風習、信仰心などが昔の人たちが大切にしてきたことがたくさん残っているところが好きです」

 ○…現在は休止しているものの、自宅の一部を開放して金継ぎと漆の教室を開いていたほか、葉山芸術祭に参加したことも。最近ではチョコレートバイヤーや臨床美術士など、ジャンルを超えた人々とコラボレーションし、町内外で様々なワークショップを開いている。「アートに触れることで意識や感覚が変化し、いつもの街の風景が違って見えることがある。漆造形を通じて、言葉ではないコミュニケーションの大切さを伝えていけたら」と笑顔で語った。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

愛(あい) 良人(ながと)さん

まんぷくカーニバルで「本部長」を務める

愛(あい) 良人(ながと)さん

逗子市在勤 42歳

6月11日号

南田 幹太(なんだ かんた)さん

児童文学作家でデビュー作を出版した

南田 幹太(なんだ かんた)さん

逗子市在住 58歳

5月28日号

佐野 正子さん

バッグブランドSYMPOSIONを立ち上げた

佐野 正子さん

葉山町在住

5月14日号

森本 雅之さん

逗子市商工会青年部第55代部長を務める

森本 雅之さん

逗子市在住 41歳

4月30日号

菊池 操さん

若い女性向け支援付きシェアハウス「アマヤドリ」を運営する

菊池 操さん

葉山町在住 37歳

4月16日号

佐藤 輝さん

ダイビングガイドとして活動しながら初の写真集を出版した

佐藤 輝さん

葉山町在住 45歳

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter