逗子・葉山版 掲載号:2019年1月1日号
  • LINE
  • hatena

久木中と商工会青年部 職業体験の成果 地域に寄付

文化

寄付金を手渡す生徒たち
寄付金を手渡す生徒たち
 逗子市商工会青年部(石黒雄士部長)と久木中学校の生徒が先月、久木会館で行われた「みんなの食堂」を訪れ、主催する久木小学校区住民自治協議会の田倉由男会長に寄付金5万円を手渡した。

 久木と山の根の親子が地域と繋がるきっかけを作ろうと、昨年1月から開かれているこの取り組み。調理などはすべてボランティアが担っており、参加費や寄付をもとに運営している。

 今回の寄付金は、毎年10月に開催される市民まつりで同青年部が市内の中学生とともに商売の仕組みや楽しさ、やりがいなどを学んでもらおうと実施している「あきんど塾」の売上金から経費を差し引いたもの。久木中学校1年生8人が参加し、揚げたこ焼きとフルーツキャンディーを販売した。

 田倉会長は「とてもありがたい。食材の購入など有効に活用させていただく」と話し、石黒部長は「今回の経験が生徒たちの今後につながってほしい」と話していた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月8日号

お問い合わせ

外部リンク