逗子・葉山版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

一般社団法人「逗子葉山青年会議所」(逗子葉山JC)の第56代理事長に就任した 阿部 晋也さん 逗子市逗子在住 38歳

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena

「JC通じ街の魅力広めたい」

 ○…秋の逗子海岸を彩るビーチキャンドルなど、様々な街づくり事業を行っている「逗子葉山JC」。17人のメンバーを束ねる今年度の理事長に就任した。「これまで55年間続いてきた歴史の重みを感じながら、今の時代に合わせた活動を行っていきたい」と意気込みを語る。

 ○…群馬県出身。小学3年生で横浜市へ引っ越し、野球に打ち込んだ。法政二高へ進学すると、名前すら聞いたことのないアメリカンフットボール部の門をたたいた。「学内で日本一と書かれたポスターに釘付けになって体の芯が熱くなった。人生は一度きり。自分もメンバーの一員になって、トップを目指したいと思った」という。それから厳しい練習が始まったが、高く掲げた目標と信頼しあう仲間の存在で苦に感じたことはなかった。ワイドレシーバーとして活躍し、3年時には春の関東大会で優勝。続く夏の大会では結果を出せず、惜しくも夢は叶わなかったものの「経験したこと全てが財産になりました」と振り返る。

 ○…大学卒業後、商社を経て、より人と深くかかわりたいと保険業界へ。現在は横浜にオフィスを構えており、JCを知ったのは先輩から勧められたことがきっかけ。ちょうど妻の実家がある逗子に引っ越し、地域で何かできないか考えていた時だった。「自分が住む街の将来を議論したり、事業を行えるのが新鮮で面白かった。すぐにのめり込みました」

 ○…今年のテーマは「ポジティブチェンジ」。技術は進歩していながら課題が山積する今だからこそ、物事を前向きに捉え変えていく強い思いを込めた。「企画や準備は大変なこともあるが、楽しみながら取り組みたい。JCの活動をきっかけに、地元の素晴らしさを多くの人に知っていただけたら」と笑顔で語った。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

浅野 悦子さん

「とげとげ。」の名で漫画家・イラストレーターとして活躍する

浅野 悦子さん

葉山町在住 40歳

3月6日号

阿久津 芳枝さん

プロダクトブランド「kaasuns」を立ち上げた

阿久津 芳枝さん

逗子市在住 39歳

2月21日号

水垣 偉弥(たけや)さん

プロの総合格闘家で今月28日に講演する

水垣 偉弥(たけや)さん

葉山町在住 36歳

2月7日号

鈴木 達也さん

設立100周年を迎えた葉山警察署の署長を務める

鈴木 達也さん

葉山町在住 56歳

1月24日号

森村 佳生さん

一般社団法人逗子葉山青年会議所(逗子葉山JC)の第57代理事長に就任した

森村 佳生さん

逗子市沼間在住 38歳

1月10日号

大下 利栄子さん

ユニバーサル絵本を製作する活動で内閣総理大臣表彰を受けた

大下 利栄子さん

葉山町在住  59歳

12月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク