逗子・葉山版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

描き続けた葉山の情景 永井龍子さん回顧展

文化

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena
《渚の歌・残照》2014年
《渚の歌・残照》2014年

 葉山町に住み、浜辺の描いた作品を多く残した故・永井龍子さんの絵画展「渚の詩」が4月10日(水)から13日(土)まで、葉山しおさい公園博物館1階ロビーで開かれる。午前8時30分から午後4時30分まで。

 永井さんは女子美術大学洋画科を卒業後、1971年に葉山町へ。「人と自然と生き物が織りなすドラマを絵にしたい」と創作活動を続けた。

 また、「花と緑のまちづくりを進める会」を設立して植樹活動やみどりトラスト活動を牽引したほか、2014年には近隣在住作家に呼びかけ「ISSHIKI BEACH ART」を立ち上げ。「葉山一色海岸アート展」を開催。18年1月、第5回の同アート展開期中に、永眠した。期間中は一色海岸を描いた作品など16点が展示される。

 入園料300円。町在住70歳以上は無料。問い合わせは葉山まちづくり協会【電話】046・876・0421へ。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

コロナ禍の教訓探る

コロナ禍の教訓探る 教育

逗子楽習塾が連続講座

1月7日号

千年続く農業とは

千年続く農業とは 社会

無農薬農家が登壇

1月7日号

子どもへの伝え方学ぶ

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

共生社会を推進

県内大学生

共生社会を推進 社会

活動報告で情報を共有

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook