逗子・葉山版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

美味しく食べて途上国支援 フェアトレードと飲食店コラボ

社会

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
2つのフェアトレード食材を使ったグリーンカレー
2つのフェアトレード食材を使ったグリーンカレー

 世界フェアトレード月間に合わせ、 逗子市内にある15の飲食店でフェアトレード食材を使ったランチが提供されている。企画した逗子フェアトレードタウンの会は「近所のお店で美味しく食べながら、世界各地で起きている問題を考えるきっかけになれば」と話している。

 「フェアトレードランチへGO!」と題したキャンペーンには、JR逗子駅付近を中心に15の飲食店が参加。コーヒーや紅茶、トマト缶、チョコレート、コショウなどを使った各店自慢のランチメニューが今月末まで楽しめる。

 開発途上国の製品や作物を適正な価格で取引することを通して、農家や小規模生産者、女性など立場の弱い人々の自立を支援するフェアトレード。

 趣旨に共感し、参加した池田通り商店街にある「エイドキッチン」では、ココナッツオイルとココナッツミルクを使ったグリーンカレーを提供しており、毎日注文を受けているという。同店の郡山南さんは「お客様からはとても好評。味はもちろん、社会貢献になることが、メニューの選択に良い影響をもたらしている」と手ごたえを感じている。また、宣伝効果だけでなく、「安心安全な食材を使うのがうちのモットーなので、生産者や流通の過程がわかるのもありがたい」という。

知名度上げたい

 企画に携わる逗子フェアトレードの会の名女川(なめかわ)ゆりさんは「逗子市がフェアトレードタウンに認定され3年になるが、まだまだ知名度は低いと感じている。近くにあるお店で美味しく食べることで、より身近に感じてもらえたら」と狙いを語る。「期間が終わっても、特別メニューの提供を続けてくれるところがいくつかある。こうしたことを積み重ね、継続的な取り組みにつなげたい」と期待を込める。

 同会は「あなたの買い物が世界を変える」を合言葉に、勉強会やパネル展示など、様々な啓発イベントを実施。2016年には逗子市がフェアトレードタウン宣言を行い、関東で初、国内で3番目のフェアトレードタウンに認定された。

 今回の企画や会の活動に関する問い合わせは【携帯電話】090・6006・3795名女川さんへ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

今月末に解除の見通し

小坪隧道通行止め

今月末に解除の見通し 社会

台風15号の爪痕残る

9月20日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

記念事業でマスコット誕生

葉山警察署

記念事業でマスコット誕生 社会

『鎌倉ものがたり』の“ポン吉”

9月6日号

逗子の空気感一冊に

地元在住編集者夫妻

逗子の空気感一冊に 文化

スペインチームにプレゼント

9月6日号

保育士確保、待ったなし

逗子市

保育士確保、待ったなし 教育

市役所で説明会初開催

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月4日号

お問い合わせ

外部リンク